労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

1分でも労働時間になる 勤務時間の計算単位は細かいほど良い

時間管理

 

以前は30分単位で扱っても良かったが、、、。


30分単位、15分単位というように、勤務時間には管理する単位があります。

一般に、30分を超えて60分未満は30分に、15分を超えて30分未満は15分にというように、勤務時間は管理されています。


以前は、1日の勤務時間に30分未満の端数時間が生じると、切り捨てていましたね。

もう、10年ぐらい前のことでしょうか。その頃は、30分単位で勤務時間を管理しても差し支えは無かったようです(本当はダメだったのかもしれませんが)。


今は、1ヶ月単位の場合は30分単位でも管理できるようですが、1日単位の場合は15分単位で管理するのが主流になっています。

さらには、勤務時間はすべて1分単位で管理する会社もありますね。

現在は、1分単位で管理することまで要求されていないのですが、本来は1分単位で管理するのが望ましいとはされています。


細かく細かく把握するようになってきた。


以前は1日の勤務時間に端数が生じると、30分単位で切り上げたり、切り捨てたりしていましたが、今は15分単位が主流になっています。

以前は30分管理だったのに、今は15分管理に変えた会社もありますね。


中には、通常の勤務時間は15分単位で管理するが、時間外勤務の時間数は1分単位で管理するという会社もあります。

時間外といっても、法定外の時間に限らず、所定外の時間も1分で管理するとしても構いません。

また、通常の勤務時間も、15分ではなく、10分単位や5分単位での管理も可能ですから、より詰めて時間を管理することもできます。



今では、時間外手当のトラブルが多いと感じられているようで、時間外勤務の時間数については通常の時間よりも細かく管理することもあるのですね。

今後は、さらに時間の管理単位は細かくなってくるはずです。いずれは、1分単位で管理するのが主流になるのでしょうね。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所