労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

始業前や終業後の掃除は当たり前、、、なのか

掃除はタダじゃない

 

確かに、「社会人としての常識」と言えそうだけれど、、、。


「終業した後に簡単な掃除をしています」
「始業する前に簡単な掃除をしています」

こんな会社もありますね。

始まりや終わりをキチンとするという思いで掃除をしているのでしょう。


ただ、簡単な掃除だからといって、その時間を仕事として勤務時間に含めていないこともあるようです。


確かに、始業や終業の際の掃除ですから、極簡単ですぐに終わる程度のものなのでしょう。

5分~10分程度だから、勤務時間として扱わなくても差し支えないだろうと思うのでしょうね。


しかし、一部の人が自主的に行っているものではなく、会社として実施している掃除ならば、「差し支えない」とは言っていられないのですね。




自分の世界の常識は、他の人の非常識だったりする。


過去から連綿と続いていることなのですが、「目玉焼きに何の調味料を付けて食べるか」というトークが時折展開されますよね。

私は醤油なのですが、この意見に反対する人もいるでしょう。


「私はソースだね」
「いや、マヨネーズだ」
「そんなの有り得ない、塩だよ」
「ケチャップですが、何か?」
「私ならドレッシングをかけます」

このように、喧々諤々とするわけです。

これは個人的な好みの問題であって、結論としてはどちらもあり得るという場面なのですね。


話を戻すと、

「掃除程度のことだから、勤務時間には含めない」
「その程度のことは人として当然」
「これは常識です」

これは確かに分かります。

ただ、こちらは当然と思っていても、それを当然ではないと考える人もいるのですね。


簡単な掃除であっても、会社として義務を与えていると、仕事と扱われてしまうわけです。

判断する人によっては、「それは仕事だから、勤務時間に含めなければいけない」と言う人もいます。

「掃除をやらせているのだから、仕事だ」というのですね。


ゆえに、「会社として何かをやらせている」ならば、給与を支給する対象にした方が望ましいです。

ただ、今回の掃除を勤務時間に含めないとしても、直ちにトラブルになるとは言い切れないのが悩ましいです。僅かな時間ですからね。



「簡単な掃除だから、仕事として扱わない」と決めると、それに対して疑問を抱く人がいるのは真っ当なことです。


社会の常識が誰にでも通用すると考えるのは、必ずしも正しくないです。

自分では常識と思っていることが意外と非常識でもあったりしますからね。


自分の世界の価値観が社会一般の価値観として通用するかどうかは分からないのです。それゆえ、簡単に「当たり前」と言って片付けるのは良くないです。


このように、「たかが簡単な掃除程度」で、どうだこうだと時間を使わなければいけなくなるのですから、やはり勤務時間に含めている方がトクなのですね。


山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所