労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

「法定休日の振替」と「法定外休日の振替」という振替休日の2パターン

振替休日

 

振替にも2種類ある。


ご存知のように、休日とは休みの日ですよね(当たり前すぎますが)。

つまり、仕事が無い日が休日というわけです。

確かに、日常生活では、このように理解して差し支えないです。


ただ、会社の休日には、分けると2種類の休日があります。

法定休日と法定外休日ですね。


そこで、休日を振り替えるという場面にを想定したとき、その振替は「法定休日の振替」なのか、それとも、「法定外休日の振替」なのか、どちらでしょうか。

休日を振り替えるだけだから、どちらも一緒と思えてしまいますが、効果は違うのですね。


休日出勤手当が絡んでいるかどうかがミソ。


法定休日の振替は、言い換えると、"労働基準法的な"休日の振替です。

一方、法定外休日の振替は、言い換えると、"会社的な"休日の振替です。


つまり、前者だと、休日出勤手当が絡みますので、ルールに基づいて振替する必要があるのですね。一方、後者だと、休日出勤手当が絡みませんので、会社独自の振替方法を用いることができるわけです。


法定休日を振り替えるときの注意点は、代休と混同しないという部分です。

代休か、それとも、振替かによって、休日出勤手当の取り扱いが変わりますので、きちんとした振替が必要なのですね。


他方、法定外の休日ならば、休日出勤手当の取り扱いを考える必要がありませんので、代休か振替かの分別を厳密にすることもないわけです。

代休っぽい振替でも、振替っぽい代休でも、代休と言うべきところを振替と言い間違えたり、振替と言うべきところを代休と言い間違えたりしても、困ることはありません。なぜならば、取り扱っている休日が「法定外の休日」だからです。


もちろん、法定休日ならばこのようないい加減な取り扱いはダメですが、法定外休日だと手当が絡まないので、代休も振替も同じものになってしまうのですね。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所