労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

決まった時間よりも早く出勤してはいけない

出勤時間

 

早く出勤して仕事をするのは良いことかどうか。


朝の時間を有効に使おうという目的で、所定時間よりも早く出勤して仕事を始めようという人がいらっしゃいますね。

例えば、始業時間が10時と決まっている会社で、「早く行って仕事を始めよう」と考え、8時に出勤するというスタイルです。

確かに、早く仕事を始めると利点も多いのでしょうから、このようなスタイルも良いのかと思います。

ただ、労務管理として、所定の時間よりも早く出勤することは良いかどうかが気になりますね。

勤務時間の計算、所定時間外の事故(労災)、、、など。


会社は"管理"しなければいけない。


会社には社員さんを管理する義務があります。

「あぁ、そうですか、、」というように、さらりと許すわけにもいきません。


もちろん、許可を得て、所定時間よりも早く仕事を始めるのは構いません。

ただ、許可無く早く始業したり、必要とされていないのに早く出勤したりすると、会社から注意を受けるかもしれません。

社員さんは「遅刻するのではなく、早く出勤するのだから良いではないか」と考えるかもしれませんが、会社には「使用者の責任」がありますので、会社の把握していない範囲で事故が起こったりすると、会社が怒られたりします。

「なぜ、きちんと管理していなかったのか」と言われてしまうのですね。

そのため、決まった時間よりも早く出勤することはダメだと言う会社もあるのですね。


「所定時間よりも早く仕事を始める人は積極性がある」と思われがちですが、労務管理では、そのようにされると不都合な場合もあるということを知っておかなければいけませんね。


「仕事への意気込み」も大事ですが、「職場の調和」も大事です。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所