労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2009/8/28【サービス労働は、三位一体で実行されている?】



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ ┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□ ┃  山口社会保険労務士事務所  http://www.growthwk.com/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/8/28号 no.119)━



このメルマガは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するメルマガです。

興味本位で読むのもよし。
つまみ食い感覚で読むのもよし、です。
どうぞ、自由にご活用下さい。






■サービス労働は、三位一体で実行されている?◆◆◆━━━━━━━━━━━
■■
■■■会社、管理職、社員、全員が認めてしまっている状況
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■会社だけが責任ですか?


最近では、サービス残業やサービス労働に関するニュースが
少ないですが、ニュースが少ないからとって、問題が解消した
というわけではないでしょうね。


サービス労働が発覚すると、会社が責められるのが通例ですが、
社員さんには責められる部分が無いかというと、そうでもない
のではないかと思うのです。

つまり、会社だけが責められるというのではなく、社員さんが
責められる状況も有りえるのではないかということです。


ここで、「なぜ?社員さんは被害者ではないか」と思うかも
しれませんが、本当に社員さんは被害者であると言い切れる
のでしょうか。


言いたいことは、「被害者であると同時に、加害者にもなって
いる」のではないかということです。

さらに、「自分で自分に害を加えている」とも言えます。







■外部から判断しにくくなる。


例えば、始業時刻よりも早く就業を開始して、始業時刻になった
ら始業の打刻(タイムカード)や記録(磁気ストライプカード、
ICカードなど)をすれば、記録上は適正に時間管理ができている
ように判断できますよね(ただ、入館ゲートで時間を記録する
会社だと、こんなことはできないかもしれませんね)。


つまり、始業時刻が10時だとすると、9時から就業して、10時に
なったら始業の時間を記録するわけです。そうすれば、1時間分
はサービス労働になりますね。さらに、時間の記録上は分から
ない。


また、終業時も同じように、決まった終業時刻に時間の打刻や
記録を行い、そして、終業時刻後もしばらくは会社に残って就業を
続けると、記録上は適正に終業記録がなされたと判断できます。

つまり、終業時刻が18時だとすると、18時の段階で終業の打刻や
記録だけを終わらせて、その後も、数時間にわたり会社に残り就業
を続けると、サービス労働になります。ここでも、時間の記録は
適正ですから、記録からはサービス労働の事実は分からない
のですね。


では、なぜ適正に勤務時間の打刻や記録をしないかというと、
「会社が所定労働時間内に仕事を終えよ」と社員さんに要求して
おり、一方、社員さんは「所定労働時間内に終えられなくても、
時間の記録だけを適正に行えば、会社から注意を受けることは
ない」と判断しているのが理由ではないかと私は考えます。


会社(特に管理職の方でしょうか)は、「所定の時間内に終わる
のは難しけれど、所定労働時間内に終えよと言わなければ
いけない」と考えているのでしょうし、

他方、社員さんは「所定の時間内に終わるのは難しけれど、所定
時間内に終わったと記録を示しておけば怒られないだろう」と
考えているのでしょうね。



つまり、会社(経営者、管理職を含む)と社員さんが、お互いに
共同して、サービス労働の状況を作り出しているのではないかと
思うのです。

刑法の共同正犯のようなものですね。
※共同正犯:二人以上の者が共同して犯罪を実行すること。全員
が正犯として罰せられる(広辞苑)


上記のように、「記録上は適正」という状況が作られてしまうと、
外部の人は誤った判断をするかもしれません。

勤務記録だけを見て、「うむ、適正に管理されているね」と判断
してしまうと、事実が分からないはずです。


記録だけでは分からないとなると、社員さんにインタビューして、
一定期間の勤務状況を定点観測して、といったことをしなければ、
サービス労働の事実が見えないのですね。








■経営者が「やめよ!」と言わない限り続く。


ただ、社員さんとしては、「拒否したくてもできない」というのが
実際のはず。

「サービス労働になっているのは十分に分かっているけれど、
どうしようもない」と言うのではないでしょうか。


しかし、サービス労働を知りながら、その状況を助長した(黙認
することでサービス労働を容易にした)と判断すれば、社員さんも
コンプライアンス違反です。

違法行為に加担したわけですからね。


確かに、被害者だから違反者ではないとも思えるのですが、
コンプライアンスに関する誓約書を書いてもらう会社だと、誓約
内容に違反したと会社が判断するかもしれません。


「会社が半ば強要していることなのに、なぜ社員がコンプライ
アンス違反の責任を負うのか」と思えるのですが、有り得ない
とも言えないです。


ゆえに、トップの人が、サービス労働を止めさせる決断をしない
と、いつまでもサービス労働は残ります。


単に、「所定労働時間内に仕事を終わらせよ」と言うだけでは、
むしろサービス労働を助長することもあるわけですね。社員
さんは、「時間内に調整しないと、上の人に怒られる」と判断
しますから、適正な時間の記録だけを作り出そうとします。


「サービス労働をやめよ」と事実を指摘して言わなければ、
サービス労働はなくなりません。「サービス労働」という名詞
を指定するのですね。


サービス労働をやめさせれば、所定労働時間内に仕事を終わらせる
ことも同時に達成できるのではないでしょうか。






┏━━━━━━━━━━☆★ 編集後記 ★☆━━━━━━━━━┓

最近では、耳かき(「耳掘り」と言うべき?)エステという商売が
あるのですね。

女性が耳掃除をしてくれるサービスのようです(風俗店に含まれ
るのでしょうか)。

初回980円、30分3,300円、60分6,300円、、、。

むむ、、絶妙な価格設定、、、。


人によっては、耳かきをしてもらうと嬉しいのでしょうね。

私は、人に耳を掘られるのは不安なので、自分でやりたい性分
です(「痛っ!」「あっ。ごめ~ん」というやり取りを避けたい
ためです。痛いのは自分ですから)。


このようなサービスにも需要があるんですね。

人は、物的な満足よりも、精神的な満足を欲求しているので
しょうね。







┗━━```☆....━━━━━━━━━━━━━━━```☆....━━━━━┛


今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所