労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2009/8/12【始業の5分前に始業?】



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/8/12号 no.114)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。



最近では、強い雨が降ると、すぐに「ゲリラ豪雨」と呼ばれますね。

ただの夕立のように感じても、「ゲリラ豪雨」として扱われたりします。

「ゲリラ」という名称がカッコいいからなのでしょうか。




このメルマガは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するメルマガです。

興味本位で読むのもよし。

つまみ食い感覚で読むのもよし、です。

どうぞ、自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 始業の5分前に始業?
>>>その「5分」はどこへ行くのか。

2: 編集後記

===========================





■■  始業の5分前に始業?
■■  その「5分」はどこへ行くのか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■5分前集合は確かに常識だけれど、、、


「始業の5分前までには仕事ができる体勢を整えておくこと」
「常識的に5分前には仕事ができる状態にしておくものだ」

会社で働いていると、こんな指示を受けた人は少なくないのでは
ないでしょうか。


つまり、本来の(もしくは、契約上の)始業時刻は10時なのだが、
実際には9時55分が始業時刻になっているというような状況です
よね。


確かに、10時始業だからといって、10時ジャストに始業するわけ
にもいきませんから、少しだけ余裕を持って準備をするわけです。

これは社会の常識と言って良いのかもしれません。


他にも、終業時も同じような状況がありますよね。

つまり、終業時間になってから仕事を終える作業をするから、
終業後5分が実際の終業時刻になっているという状況です。


契約上の終業時刻は18時なのに、実際は18時05分で終業している
のですね。


ここで疑問が湧くのですが、「始業前5分と終業後5分」は仕事の
時間なのか、それともサービス就業なのか分からなくなるんですね。

もし、サービス就業とするならば、5分+5分=10分は勤務時間
から除外されてしまいます。

ただ、5分前始業や5分後終業を義務づけられているならば、
就業時間に含まなければいけないとも考え得るわけです。



なお、今回は、残業が発生しないという仮定を置いて話を進めます
(つまり、定時始業・定時終業の環境とします)。







■休憩時間を増やして調整する


働く人の中には、「勤務時間に含まれないのに、なぜ5分前始業や
5分後終業を求められるのか?」と考えた人は少なくないのでは
ないでしょうか。

「何だ?この5分は」という感覚です。



働く人は、自分に直接関係する身近な事柄には注意を向けます。

例えば、オフィスの内装(オシャレな会社で働きたい)とか、
交通の利便性(ターミナル駅から近い会社が良い)とか、休暇
(休暇は多いのか)とか、給与や賞与(金額は多いのか)とか、
自分に影響がある要素にはきちんと対応しようと思うわけですね。

しかし、会社が赤字になっても、さほど気にはしません。


「今月は500万円の赤字です、、、」と経営者が社員さんに
言っても、社員さんは「ふ~ん、そうなんだぁ~」という程度
しか感じません。

身近な要素ではないので、関心が向かないんですね。



一方、勤務時間に含まれないのに、5分前始業や5分後終業を
社員さんに求めると、「えぇ~、何それ!」と反発します。


もし、どうしても5分前始業や5分後終業が必要ならば、「1分単位
の時間管理」を勧めるところなのですが、今まで15分単位や
30分単位で管理していた会社だと、そう簡単に時間計算の方法
を変えるのは億劫と感じるようです。

会社の管理部門というのは、変化を拒みやすい部分ですから、
変わることに抵抗するのですね。



そこで、もっと簡単に対応できる方法として、休憩時間を延長
するという手段があります。

つまり、5分前始業や5分後終業ならば、10分の空白時間ができる
のですから、その10分だけ休憩時間を延長するわけです。


具体的には、始業9時で終業18時、休憩1時間の環境があるとして、
その環境で5分前始業と5分後終業を実施するとします。


その場合、実質は、始業8時55分で終業18時05分となり、勤務時間
は8時間10分になってしまいます。

そのため、はみ出た10分を解消するために、休憩時間を1時間10分
にするのです(要するに、10分の休憩を挿入するということ)。


そうすれば、10分が空白時間になることはありませんし、1分単位
の時間管理も必要ありませんし、社員さんに対して5分前始業や
5分後終業を躊躇することなく求めることもできます(10分を
踏み倒している状況で、求めるのは気が引けますからね)。


もちろん、勤務時間を8時間10分と計算してしまうのも構いません。


始業前と終業後を合わせた10分を、無評価で取り扱うのがダメ
なのですから、勤務時間に含めても良いですし、休憩時間と
スワップしてしまうのも良いわけです。






■会社の数字よりも、自分の給与が気になる。


5分前始業や5分後終業といっても、合わせてもたかが10分とも
思えます。

確かに、たかが10分だと思えます。


僅か10分程度ならば、サービスしてくれても良いのではないか
とも思えてしまうでしょうね。


しかし、会社で働いている社員さんは、「細かなことほど気に
する」という習性があります(私も、会社で働いているときは
そうでした)。

給与が増えないとか、有給休暇を思うように取得できないとか、
交通費はきちんと貰えるのだろうかとか、、、。


逆に、大きなこと(会社が大赤字になっているとか)は意外と
気にしなかったりします。

赤字でも給与は支給されますからね(笑)。


ちょっとしたことで就業満足度は変わりますから、社員さんに
とって身近な事柄には注意を向けたいですね。








 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


高速道路1,000円にはやっぱり納得できない。

なぜ、わざわざ混雑する土日祝日に1,000円にしたのでしょう。

本来ならば、混雑する時期や時間帯には、課金額を引き上げて、
渋滞の緩和をしなければいけないのに、逆の施策をしているのですね。


平日に1,000円の料金になるならば納得できます。

空いている日に課金額を引き下げて、利用を促進するならば良い
のですね。


幹線道路にもETCを導入すると良いのかもしれません。

例えば、東京だと、環七や環八、甲州街道などはETCを使って
渋滞を緩和できないでしょうか。


ただ、甲州街道は上に高速道路が走っていますから、課金額の
調整が必要かもしれません(下の道路は高速よりも低料金に
しなければいけないかもしれない)。

学生時代に上北沢に住んでいましたので、甲州街道はよく知っています。


大阪だと、内環状線、中央環状線、外環状線でETCが使えそうです。

あと、下の道路でもシステムを使うとなると、バイクにもETCが必要ですね。


ゲートを通過するだけで課金できますから、高速道路だけで
使うのは少々もったいない気がします。







今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所