労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2009/7/10【振替休日には会社の自主ルールが必要】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/7/10号 no.105)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。



このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。

つまみ食い感覚で読むのもよし、です。

どうぞ、自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 振替休日には会社の自主ルールが必要
>>>いつになったら振替が行われるのか、、、

2: 編集後記

===========================





■■  振替休日には会社の自主ルールが必要
■■  いつになったら振替が行われるのか、、、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






■振替えられた休日が蓄積する。


仕事の都合で、休日に出勤せざるを得ないときには、休日の
振替を行うことがありますね。

ご存知の様に、これは、いわゆる「振替休日」です。



ただ、休日を振り替えるときは、事前に振替える日を指定する
のですが、会社によっては、いつまでも振替えられた休日を消化
できないこともあるようです。


本来だと、給与の締め日を跨がずに、振り返られた休日を消化
する(当月内で振替を完結させる)のが通常なのですが、
ズルズルと後に延びてしまうとのこと。


言わば、無給の休日が蓄積しているような状態ですよね。


なあなあの雰囲気で休日が消えていくと、社員さんも困ります
から、何とかしないといけませんね。








■本来ならば、蓄積しない「はず」の振替休日。


「振替休日は振り替える日時を特定しているから、休日が蓄積
することはあり得ない」という人もいますが、残念ながら、現実は
簡単ではありません。


「理論」と「現場」が異なることは少なくありません。

理論的には有り得なくても、現実には有り得ることもあります。



上記のように言えるのは、「振替が確実に実施される」という
前提があるからです。


振替休日の仕組みを理解して、キチンと対応している会社ならば、
特に指摘することもありません。


しかし、現場では、確実に振替が実施されずに、休日がうやむや
に消えている、もしくは消されている場面もあります(小規模な
会社だと多いのでしょうか)。



中には、振替えた休日にさらに振替え処理を被せてくることも
あるようです(あえて表現すれば、「多重の振替処理」ですね)。



例えば、

10日(日曜日であり、法定休日と仮定)→翌日11日(月曜日)に
休日を振り替えるとする。

11日(月曜日)、振替えられて休日になる予定のはずだが、、、。


そこで、11日の段階でさらに振り替え休日にすればどうでしょう
か。


10日が11日になり、11日が12日になり、、、ズルズルと休日を
ずらすことも可能になってしまいますよね。



このように、振替処理を何重にも重ねて、休日を後へ後へと
遅らせていくことも、やろうと思えばできそうです。

もちろん、隣り合った日に限るのではなく、もう少し間を空けて
(1週間とか、2週間とか)、振替え処理を重ねることも有り得ま
すよね。



もし、多重に振替処理が行われたとするならば、もとの10日
(日曜日)は休日出勤と扱い、休日手当も必要になります(10日
の振替効果が消えるので、「代休」として処理を切り替えること
になります。また、10日の分の休日は別途で取得する)。


それゆえ、後ろへ後ろへと休日が延びていくことは防げる
「はず」です。


ただ、振替が代休に切り替わったとしても、依然として休日が
取得できないという状態を改善できないことも有り得ます。


残念ですが、労働基準法では、振替休日の仕組みが決められて
いるに留まりますから、現場での運用までフォローできていない
んですね。


そのため、会社によっては、いつまでも休日の振替でトラブルが起こり続けるわけです。








■振替休日の自主ルールを作る。


労働基準法で決めているルールの時効は原則として2年なのです
が、まさか振替られた休日を2年も待ち続けるわけにもいきません
よね。

労働基準法で対応できないならば、就業規則で対応するのが次善
策です。


ここでは、「振替えた休日をいつまでに取得するのか」という点
をルールにするのが主眼です。



具体的には、

「休日を振替えるときは、振替え実施日から1週間以内に指定
された日に休日を取得します」

「振替えられた休日をさらに後日に振替えることはできないもの
とします」


というように就業規則に決めてはいかがでしょうか(それぞれ
別条文や別項で書く)。


このように、振替えられた休日をいつ取得できるのかを明示して
おくと、社員さんも安心です。


また、2番目の項目のように、多重振替を防止するというのも
安心感を高めます。



一般的には、このようなルールを作る必要はない(義務もない)の
ですが、振替休日の運用に対しては疑問が発生しやすく、トラブル
も多いですから、あえて振替休日のルールを自主的に設けるのは
有効だと思います。










 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


転職というのは「瑕疵」として扱われるのでしょうか。


結婚をして、失敗すると、「バツ1」と言われます。
その後、再婚して、また失敗すると、「バツ2」と言われます。

後続く、、、。


結婚と同様に、転職にも、「バツ1」とか「バツ2」として看做
されているのではないかと私は思います。


何らかのネガティブな理由で転職する人が多いですから、どうして
も評価は悪いのでしょうね。


1回転職すると、「あぁ、この人はバツ1か、、、」などと思われて
いるのかもしれません。


これは結婚のバツ1よりも決まりが悪い。





今回も、定期レポート【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所