あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

あやめ社労士事務所は、会社で起こる労務管理の問題を解決するサービスを提供しています

社会保険の適用や社会保険料の決まり方に関する問題と対処

どちらに加入するの? 自営業の国民健康保険と会社の協会けんぽが競合するとき

国民健康保険と会社経由で加入する協会けんぽ、両方の加入基準を満たしたらどちらに加入するか。好きな方に入ればいいというものではなく、協会けんぽに加入できるなら国民健康保険は適用除外になります。

雇用保険料は毎月変動するけど、社会保険料は固定されているのはなぜ?

雇用保険料は毎月の給与に連動して金額が変わりますが、社会保険料は病気で休んでも減らないのが特徴。

副業や掛け持ちで働くと社会保険の扱いも変わる

2つ以上の会社で同時に働いていると、社会保険はどうなるのか。収入を合算して社会保険料を決めるのか、それとも片方の会社だけで社会保険に入るのか。パートタイムの仕事を掛け持ちでやると、社会保険に入らずに、週30時間ん以上働くケースもあり得ます。

パートタイム社員の社会保険は常に微妙

会社経由で社会保険に入るのは、フルタイム社員だけでなく、条件を満たせば、短時間労働者、つまりパートタイムで働く人たちも社会保険に入ることになります。

健康保険の毎月の保険料と自己負担割合の組み替え

毎月支払う健康保険料と利用時の自己負担、このバランスで健康保険の収入は賄われています。健康な人ほど支払う保険料が多くなるのが課題で、所得再分配機能も持っているのが健康保険なんですね。

未加入で逃げられない 2年遡及される社会保険

社会保険への加入条件を満たしているのに加入していないと、後から保険料を支払うときに本人負担分をどうするかで悩むことになります。加入していなかった期間にさかのぼって入らなければいけないのが社会保険や雇用保険の特徴ですから、入りたい時に入ると…

社会保険料の決まり方 昇給と降給が合わさって保険料が変わる

社会保険料は毎月の給料に連動して変動するものじゃなく、年1回の算定手続きで保険料が決まったら変わらないものですが、昇給や降給で臨時に変わることがあります。

勤務時間が短くなったら社会保険から抜ける?

社会保険に入るには勤務時間数が一定以上になっている必要がありますが、勤務時間数の条件を満たさなくなったら、在職中でも社会保険から抜けるのかどうか。

休業手当にも社会保険料はかかる

働いた後に支給される給与と違って休業中に支払われる休業手当は、給与のように社会保険料や雇用保険料、税金がかかってくるのかどうか。休業手当は給与と同じなのか、それとも違うのかが疑問になるところ。

社会保険料の算定 休業手当は固定的賃金だから随時改定の対象になる

休業中は通常の給料なり賃金が支払われておらず休業手当が支給されている状態。休業手当だけが払われている状況で、社会保険料はどのように決まるのか。働いていた頃よりも少ない休業手当が払われていたら社会保険料も変わるのかどうか。

社会保険料は税金と同じではない

社会保険料を節約しようとする際、税金と同じ感覚で扱うのは適切ではないと指摘しています。社会保険料、特に健康保険料と厚生年金保険料は、支払いと受け取りのバランスが異なり、健康保険料は実質的に健康保険税に近い性質を持ちます。一方で厚生年金は支…

三日で辞めた人の社会保険

従業員が入社すれば、社会保険への加入手続きをします。けれども、加入手続きをした後、すぐに辞めてしまう人もいます。せっかく手続きしたのに。かと言って、加入せずにズルズルと先延ばしするわけにもいきませんからね。

あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
i@growthwk.com
人事労務管理の悩みを解決するために問い合わせる

自動音声メッセージによるお問い合わせもできます。
電話(050-7114-7306)をかけると音声メッセージを録音するように切り替わります。
お問い合わせの内容を電話でお伝えください。
内容を確認させていただき折り返しご連絡させていただきます。

© あやめ社労士事務所
登録番号:T3810687585061
本ウェブサイトは、アフィリエイトによるプロモーション、広告を掲載しております。