あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます

国民年金と厚生年金に関する労務管理の問題と対処策

国民年金や厚生年金に関する労務管理の問題に注目しています。厚生年金保険料の支払い後の年金増額、国民年金の加入期間延長、年金の受給開始時期の選択、年金手帳の廃止と基礎年金番号通知書の交付、厚生年金の在職定時改定制度など、年金に関わる複数の課題とその対応策を紹介。

社会保険適用促進手当には社会保険料を抑える利点あり

社会保険適用促進手当について詳細に解説しています。この手当は、社会保険料の本人負担を軽減するために事業主が支給するもので、特に年収の壁を超えた際の社会保険料の増加を抑制する目的があります。手当は、標準報酬月額・標準賞与額の算定から除外され…

年収の壁とは 社会保険に加入する利点を解説

年収の壁と社会保険加入の利点について詳しく解説しています。年収の特定のポイントを超えると税負担や社会保険料が増加する「年収の壁」の概念と、社会保険加入による健康保険料の会社負担、傷病手当金、出産手当金、扶養制度、将来の年金額の増加、社会保…

【在職定時改定】10月分から厚生年金の受給額が毎年増える?

厚生年金の保険料支払い後の年金増額について解説しています。65歳以上で厚生年金を受給しながら社会保険料を払っている人は、毎年10月から年金が増額される可能性があります。この増額は、9月から翌年8月までの1年間に払われた厚生年金保険料に基づき、年金…

国民年金の加入年齢が65歳まで延長 加入者への利点は?

国民年金に加入できる期間が65歳まで延長されたら加入者にはどのような利点があるのか。支払う保険料が増えたと考えれば不利な改正のように思えますが、一方で加入者にとって利点になることもあります。2025年から国民年金の保険料支払い期間が60歳から65歳…

年金は遅く受け取ったほうが得なのかどうか

年金を早く受け取るか、遅く受け取るか。受給開始時期によって年金の受取額が変わり、自分の寿命もわかりませんから、悩むところ。

年金手帳が廃止されて基礎年金番号通知書が交付されるように

年金手帳が廃止されて基礎年金番号通知書で代替されるようになります。基礎年金番号確認するぐらいでしか使わなかった年金手帳ですから廃止されるのは歓迎です。

厚生年金の在職定時改定とはどのような制度で、メリットは何?

厚生年金の在職定時改定とはどのような仕組みなのか。加入者にとってどういうメリットがあるのかを説明しています。

厚生年金保険料の上限がアップ 影響するのは高収入の被保険者

社会保険料は上限なく上がるものではなく、一定水準の収入を境目に、同水準になります。厚生年金保険料にも上限があり、そこが今回の変更点。

年金保険料の二重払いを回避できる 日・中社会保障協定が発行

年金保険料の二重払いを回避できる社会保障協定。ついに日本と中国との間で2019年9月から発効します。

働くと年金が減る在職老齢年金制度が廃止されるかどうか

在職老齢年金制度により、年金の支給段階で減額するのではなく、後から所得税や消費税で回収する方が年金受給者は受け入れやすいでしょう。在職老齢年金制度について、受給者が働いて得る収入に応じて年金が調整されることを詳細に解説しています。この制度…

国民年金保険料の免除、納付猶予、どういうメリットとデメリットがあるか。

国民年金の免除や猶予制度は数種類あり、それぞれで特徴が違います。通常通りに保険料を支払った場合とどう違うのか。ここが知りたいところ。

学生のギモン 年金額に反映されないならば、学生納付特例に何の意味があるの?

学生納付特例制度を利用すると、年金額には反映されず、0円のままですけれども、「保険料の支払いを先送りできる」効果があります。商売で例えると、支払い時期が遅い買掛金みたいなもの。

大学生になって国民年金への加入案内が来た

大学生になれば年金に加入します。保険料を払ってもいいし、学生納付特例制度で保険料を後払いにしてもいい。20歳からは全員が国民年金の加入対象になり、大学生も例外ではありません。国民年金には1号被保険者として加入することになり、加入拒否はできませ…

新入生も年金加入 大学生になったら国民年金に入るの?

20歳ぐらいの学生だったら、まだ年金について考えるには早いと感じるもの。ですが、20歳になると学生であっても国民年金に加入することになりますし、年金の保険料も払う立場になるんですね。

年金の受給資格期間 年金は10年加入したらもう大丈夫?

年金に10年加入したら、年金の保険料をもう払わなくてもいいのかどうか。受給資格期間が10年ですから、10年以上加入して年金保険料を払っていれば、年金を受給する資格だけは確かに取得できますけれども、保険料を10年分払うだけで終わりにしてもいいのかど…

在職老齢年金への対策で「給与を減らして欲しい」と社員から求められたら

厚生年金を受け取りながら働いていると、在職老齢年金制度で収入に応じて厚生年金の支給額が減額されたり、場合によっては全額カットされることがあります。そのため在職老齢年金への対策として、あえて給料を減らしてほしい、という要望を出されたら、使用…

年金に加入せず、健康保険にだけ入りたい

健康保険だけ加入して、厚生年金には加入しない。そういう選択ができるのかというと、社会保険は健康保険と厚生年金がセットになっていて、分離できないんです。

年金の受給開始年齢 早く受け取るべきか、それとも遅く受け取るべきか

年金を何歳から受け取るか。早いほうがいいのか、それとも遅い方がいいのか。悩むところですが、早く受け取るのがオススメです。

公的給付を二重取りできる?「在職老齢年金の調整」と「傷病手当金の調整」との調整

働いて収入を得ると減額される。これが在職老齢年金制度。ちなみに、年金受給者になったら、社会保険に入らず働くと、年金は減額されない。また、調整されるのは厚生年金であって、国民年金は対象外なのもポイント。

国民年金と厚生年金は兄弟のようなもの 別の制度だがお互いに繋がっている

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■┃ メールマガジン 本では読めない労務管理の「ミソ」□□┃ 山口社会保険労務士事務所 ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/12/4号 no.147)━■国民年金と厚生年金は仮面夫婦◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■お互いに別々のような雰囲気を醸…

あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
i@growthwk.com
お問い合わせはこちらから

自動音声メッセージによるお問い合わせもできます。
電話(050-7114-7306)をかけると音声メッセージを録音するように切り替わります。
お問い合わせの内容を電話でお伝えください。
内容を確認させていただき折り返しご連絡させていただきます。

© あやめ社労士事務所
登録番号:T3810687585061
本ウェブサイトは、アフィリエイトによるプロモーション、広告を掲載しております。