あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます

副業,兼業,マルチジョブ

副業、兼業、マルチジョブに関連する労務管理の問題を扱っています。主な内容には副業における労災保険の扱い、複数の職場での労働時間の通算、副業における残業代の計算、社会保険の扱いなどが含まれています。これらの情報は、副業や複数の職業を持つ人々のための労務管理の指針を提供しています。

副業で労災を使えるの? 2つ以上の会社で働くときの労災給付が創設

副業や兼業として、2つ以上の会社に所属して働く人の労災保険が変わります。収入を合算して労災給付の額が決まるところがポイント。

副業していると労災保険の給付が少なくなる?

収入が少ない副業先で怪我をすると、労災保険の給付額が思っていた額よりも少なくなることも。副業中の怪我には要注意。

副業の残業代を出したくても出せないワケ

副業の労働時間を合算して割増賃金を支払うのが理想ですが、事業主が異なっていると労働時間を通算できなくなります。

副業・兼業の労働時間を通算して残業代を払える?

副業や兼業で発生した労働時間を通算して残業代が支払われるかどうか。勤怠データの集約や割増賃金の負担という点で解決できない問題があります。

副業の時代 2つの会社で働いた場合の残業代(時間外割増賃金)はどうなる?

2つ以上の会社で働いていれば、勤怠データも別々になります。労働時間を通算するとの法律もありますが、副業を想定して設計されていない法律ですから、解決し難い問題があります。

副業の落とし穴 2つの会社で働く人は労災保険の給付が少なくなる?

2つ以上の会社で働くと、労災保険の給付が思っているよりも少なくなる可能性があるので注意。

副業している会社の勤務時間は通算される?

副業していれば、他の会社での労働時間も通算するように労働基準法38条では要求していますけれども、それが現実に可能かどうかは別の話。個人情報である他社の勤怠データを取得するのは無理です。

パートタイムでダブルワークしていると社会保険はどうなる?

パートタイムの仕事を掛け持ちする人は確かにいますね。掛け持ちで働くと社会保険はどうなるのか。確かに気になるところです。

副業すると社会保険料が増える?

副業すれば収入が増えますが、社会保険料も増えるのかどうか。これは働き方によって変わります。会社員として副業なのか、自営業で副業なのか。また、働く時間や収入でも変わります。

2つの会社で社会保険に加入すると、社会保険料も会社ごとに按分するの?

2つの会社で働けば、社会保険も2つ加入するのかどうか。もし、加入すれば、社会保険料はどうなるか。副業する人には気になるところですね。

副業で収入を増やすため休業中に他の仕事をする

仕事が1つだけだと、会社が休業した場合に収入が途絶えてしまいます。2つ、3つと、お金が流れる経路を持っていれば、安心感も違ってくるのでは。気分転換に副業を増やしていくのも良いのではないかと。

あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : i@growthwk.com
お問い合わせはこちらから

自動音声メッセージによるお問い合わせもできます。
電話(050-7114-7306)をかけると音声メッセージを録音するように切り替わります。
お問い合わせの内容を電話でお伝えください。
内容を確認させていただき折り返しご連絡させていただきます。

© あやめ社労士事務所
登録番号:T3810687585061
本ウェブサイトは、アフィリエイトによるプロモーション、広告を掲載しております。