労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

ライブラリー/山口社会保険労務士事務所

タバコの愛煙家の肩身は狭くなる一方。勤務時間中に喫煙できると、非喫煙者は不満を感じる。

休憩時間中ではなく、勤務時間中に一服と称して喫煙するから、非喫煙者が不満を抱くのです。喫煙を休憩中に限れば、問題は解決できます。

顔認証で健康保険証をチェック マイナンバーカードはもっと使える

保険証がその人のものかどうか、を顔認証でオンラインチェックできるようになります。なりすましで他人の保険証を使われることもなくなりますね。

1年に1回の厄介事 確定申告を簡単に済ませる方法とは?

まだ手作業で確定申告をして消耗しているのでしょうか。もっと楽に、もっと簡単に、税金の知識無しで確定申告ができるソフトがあるのですから、使わない手は無いのです。

36協定には残業を減らす効果は無い

長時間労働を抑止するために36協定を締結している。しかし、残業を許すために36協定を締結しているのが現実なのです。労働時間数に上限を設けても、残業は減りにくいのではないでしょうか。

労務管理をキチンと教えてくれる人は職場にいますか?

普段からやっている業務には慣れているものですが、労務管理となると、慣れている人が社内にいなくて困ることがあるのでは?

仕事中のマスク着用は会社がルールを決めるもの。

髪や爪、髭などは身だしなみルールがあったのですが、マスクについては放任状態にしている職場もあるのでは?接客業では、接客も商品に含まれるため、マスクでその価値を下げるのはダメなのでしょう。

高所得者は社会保険料を気にしない? 任意継続の健康保険にも保険料に上限がある。

税金には上限額がありませんが、健康保険料には上限があり、税金のように青天井では金額が上がらないのです。

転売対策になる? マイナンバーカードと顔認証の組み合わせは期待大。

健康保険証には顔写真がありませんが、マイナンバーカードには顔写真があり、さらに、病院の窓口で顔認証もできるように。マイナンバーカードには利点が多いものの、その良さが伝わらないのが残念なところです。

他の会社でも起こり得る セブンイレブンで残業手当の一部が未払いに

手当も含めて割増賃金である残業代を計算する。残業代の計算で間違いやすい点ですが、手当を含めていたとしても、途中の計算過程で間違うこともあります。

雇用保険の失業手当を受け取りながら働いてもいいの?

失業手当を受け取っている間は、働いて収入を得てはいけないんじゃないか。そう思うところですが、実際は「ある程度まで」は許されているんですね。

【忘年会スルー】給与が出ないなら忘年会には参加しない。

忘年会スルーという言葉が出てくるぐらい、参加したくないと考えている方はそれなりにいらっしゃるようです。参加したいと思える魅力や仕掛けを用意してみるのも良いのでは。

【副業者に朗報】副業先で病気や怪我をした際の労災給付が増える

副業先で労災事故に遭遇すると、労災保険の給付が少なくなってしまうという問題がありますが、制度改正によって、複数の就業先の収入を合算して給付額を決めるよう変わります。

給与計算を6倍速で終わらせる。コンピューターやAIに人間の仕事を奪わせよう。

給与計算を社内でやると時間がかかるから外部に委託する。しかし、委託したのに時間を減らすどころか修正に時間がかかる。人間が給与の計算作業すると時間がかかるのは当然です。人がやること、やらないこと。この棲み分けがポイントです。

忙しさや出勤している従業員数で給与が変わるとやる気がアップ

忙しい日もそうでない日も同じ時間給。だったら、暇な日に働いたほうが得だ、と考えるのは人間として正常です。忙しさや時期、当日の出勤人数に応じて、時間給が変わるようにすれば、働く人の気持も変わるのでは。

電子マネーが抽選で当たる 大阪府の健康マイレージシステム アスマイルを使ってみた。

健康データをスマホに登録してポイントを貯めていくと、電子マネーが抽選で当たる。健康マイレージシステムは都道府県や市町村で実施されており、大阪府では『アスマイル』というアプリで参加できます。

【36協定違反】 第三者は労働時間の長さで評価してくる。

労働時間で一律に制限を設けるのはいかがなものか。こう言う人もいますが、第三者は記録に残った数字で判断してきます。今後は、労働時間は短くなっていく傾向になるでしょうし、限られて時間で仕事を終わらせないといけなくなります。仕事だからといって、…

利益があるから診断書や領収書を偽造する。

なぜ医師の診断書を偽造して会社を休むのか。領収書の偽造と同じように、経済的利益が得られると分かると、人は書面を自分で作ってやろうと考えるもの。金券や紙幣でも同様です。診断書を要求するならば、医療機関に問い合わせるぐらいの気概でないといけな…

餅は餅屋。得意ではないことをやると時間がかかる。

手作業で確定申告をするのを自転車に例えるならば、確定申告ソフトを利用する場合は自動車に乗るようなもの。技術の進歩で人は可処分時間を増やしてきたのです。

クリスマスイブに出勤できないと言う人にどう対応するか。

クリスマス時期に繁忙期を迎える商売で、12月24日、25日にいかに勤務シフトを埋めていくか。休みたいと希望する人に出勤してもらうにはどうするかが考えどころです。

業務停止期間の給与は60%で足りるのか、それ以上必要か。

使用者の責任で仕事が休みになったら、労働基準法26条を適用するのか、それとも、民法536条2項を適用するのか。ここが悩みどころ。

在職老齢年金、継続。減額の基準額を上げず、継続させる方向。

廃止されるかどうかとニュースになった在職老齢年金制度。支給停止基準額を引き上げて継続していくとのこと。高齢者と若年者を入れ替える効果に期待しているのですが、その効果の程は。

パートタイマーへの適用拡大 社会保険に加入する基準を引き下げる理由。

パートタイマーが社会保険に加入する基準を緩和していくと、年金の1号被保険者と3号被保険者を減らす効果があり、制度を設計する側には好都合。

iPhoneでマイナンバーカードを読み取れるようになった。

Androidスマホだけでなく、iPhoneでもマイナンバーカードを読み取れるようになり、ICカードリーダー無しでもマイナポータルを閲覧可能になりました。

保険証が手元に無かったが病院で療養費の手続きをしてくれた話。

健康保険証が無いとき、病院で療養費の手続きを済ませてくれれば、患者としてはありがたいもの。

休日を減らして有給奨励日を設定してもいいのかどうか。

年次有給休暇の義務化に対応するために、有給休暇を増やす一方で休日を減らしても良いのかどうか。このように休日日数を帳尻合わせしていいものかどうかが考えどころです。

台風で仕事が休みになったら、振替出勤で対応する。

台風で会社やお店を臨時休業して従業員が出勤できないときは、他の日に振替で出勤できるようにすれば会社も従業員も納得の結果を得られます。

年次有給休暇の義務化に対応するために休暇を廃止するのはアリ?

盆休みを廃止して年次有給休暇を強引に使わせると、以前のお盆休みが消滅してしまい従業員は不満を感じます。

自転車通勤を増やしたければ、自転車にも通勤手当を出す。

健康にいい、というだけでは自転車で通勤する人は増えないもの。自転車通勤の旨味をアピールする工夫が必要。

副業の残業代を出したくても出せない事情。

副業の労働時間を合算して割増賃金を支払うのが理想ですが、事業主が異なっていると労働時間を通算できなくなります。

副業・兼業の労働時間を通算して残業代を払える?

副業や兼業で発生した労働時間を通算して残業代が支払われるかどうか。勤怠データの集約や割増賃金の負担という点で解決できない問題があります。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所