【医療費控除】病院代を確定申告して税金を少なくしたい。

 


病院代が10万円を超えないと医療費控除は無い?


医療費控除というと、
「10万円を超えたら」
という言葉が独り歩きする雰囲気があります。

 

ある程度まで医療費が積み重ならないと、
医療費控除を利用できないのですけれども、

10万円に達していなくても、
医療費控除を利用できる場合があります。


No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)国税庁

国税庁のウェブサイトでは、

【医療費控除の額 = 医療費の合計 - 保険などで補填される額 - 10万円】
という計算式が示されており、

保険からの支払いが無いとすれば、
医療費が10万円を超えないと、
医療費控除が発生しないようになっています。

 

ここから、「医療費が10万円を超えないと医療費控除は使えないよ」
という話が出てくるんですね。


ただし、
【(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額】
という注意書きがあります。

つまり、所得が200万円未満の場合は、所得の5%が基準額になるわけです。

 

仮に、所得150万円だとすれば、75,000円が医療費控除の基準額になり、
医療費が75,000円を超えると、医療費控除を利用できます。

それゆえ、
「医療費が10万円を超えないと医療費控除は使えないよ」
という基準は、
全員が対象というわけではないのです。

人によっては10万円以下の医療費であっても
医療費控除を使えるんですね。

 

 

 


医療費控除は「所得控除」。


ナントカ控除、カントカ控除と

控除と言っても何種類もあって頭が混乱しますが、
そういうもんだと思って諦めています。私は。


所得金額から差し引かれる金額(所得控除) 国税庁

ここに掲載されている所得控除だけで
19種類も(!)
あるんですね。

その19種類の1つが医療費控除。

 

医療費が控除されるといっても、
「税金が控除されるというわけではない」
のがポイントです。


例えば、医療として控除できる金額が30,000円あるとしても、
「税金が30,000円安くなる」というわけではないんです。

 

税金から控除する(これは「税額控除」と言う)のではなく、
<所得から控除する>
のが医療費控除。


ここで「所得」というのは、収入とは違いがあります。

「収入も所得も同じもんだろう?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、

確定申告では
<収入と所得は違うもの>
と扱われるんです。

収入から、給与所得控除を除いたものが「給与所得(つまり所得)」となります。

No.1410 給与所得控除 国税庁

この給与所得から控除できるのが「所得控除」というわけ。
所得から控除するから所得控除という名称なのですね。


医療費控除が30,000円分あって、所得が500万円だとすれば、
医療費控除を除いた所得は497万円です。

この497万円に、所得税率をかけると、所得税の額が出ます。

所得税率が20%だとすれば、

所得500万円だと、所得税は100万円。
所得497万円だと、所得税は99万4千円。

医療費控除は30,000円ですが、
安くなる税金は6,000円です。


税金が30,000円安くなるのではなく、
所得から30,000円を控除されるため、
実際に少なくなる税金は6,000円になるんですね。

「何だか期待ハズレだな」と思うでしょうが、
所得控除の効果はこんなもんです。


もし、医療費控除が「税額控除」ならば、
税金が30,000円安くなりますから、
仮に所得税が100万円だとすれば、
それが97万円になります。


ということは、所得控除よりも税額控除の方が
税金を安くする効果が高いと分かりますよね。

 

 


セルフメディケーションと医療費控除。どちらか1つを選ぶ。

 

平成29年から
「セルフメディケーション税制」
という制度ができて、

ドラッグストアなどで、
「セルフメディケーション対象の医薬品」を購入して、
自分で健康管理した人へ税制を優遇する。

つまり、病院に行かずに市販薬で対応した人へのちょっとした優遇です。


セルフメディケーション税制は医療費控除とは別物で、
確定申告する時はどちらか1つを選ぶ必要があります。

両方を合算して適用することはできないんですね。


ただ、このセルフメディケーション税制、
ドラッグストアで薬を買うよりも、

「病院で薬を処方してもらった方が保険を使えるし、
安上がりだろう」

という<不都合な真実>があります。

そりゃあ、そうですよね。

 

病院の窓口で保険を適用できるのですから、
後から確定申告で処理する必要もなく、
ドラッグストアよりも便利です。

難しい制度を理解する必要は無く、
窓口でポンと保険証を出すだけ。

この環境では、
セルフメディケーションと言われても
なかなか受け入れにくいでしょう。

 

 


確定申告に必要な道具は?

 

ネットで確定申告するには、
e-Tax経由で手続きをします。

その場合は、
「マイナンバーカード」

「ICカードリーダー」
を事前に用意しておく必要があります。


利用環境を整えるまでは手間がかかりますが、
準備が出来れば、
紙の用紙で確定申告するよりも遥かに便利です。


医療費控除の計算で損をしないように確定申告したいならば確定申告freeeを使う
のもオススメです。

必要事項を入力するだけでコンピューターが
自動で計算してくれますから、
電卓でカチャカチャするよりは早くて正確です。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所