年金資金運用 3.92%のプラス。6兆549億円の収益。

 


2018年2月2日、第3四半期の年金資金の運用状況が発表されました。

 

平成29年度第3四半期運用状況 年金積立金管理運用独立行政法人


2017年の10月から12月までの3ヶ月間で、

収益率は、3.92%のプラス
収益額は、6兆549億円のプラス

となりました。


2001年から2017年までの通算での収益は、

収益率は +3.39%
収益額は、+69.0兆円

となっており、17年間の通算でもプラスとなっています。

 

 

17年間の時間の中では、収益がマイナスになったときもあります。

最近だとリーマンショックの頃(2008年前後)はマイナスが続きましたし、
2014年と2015年にも収益がマイナスになっています。

このように、一時的にはマイナスになるときもありますが、
長期的な運用ではプラスを維持しており、
年金資金の運用は順調です。


「14兆円ものマイナスになった」とか
「10兆円もの損を出した」

運用収益がマイナスになった時を狙ってメディアは報道しますが、
単年度なり、一四半期で決算を迎えるものではありませんから、
一時的にマイナスになることはあっても、
資産を売却しない限り損は確定しません。


収益がプラスになるとメディアはほとんど報道しませんが、
マイナスになった時は
<鬼の首を取ったように報道する>
のが通例になっています。

 

年金の資産がシッカリとプラス収益を生み出す理由は、

『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵』

で分りやすく説明されています。

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所