水道管の凍結を防止。蛇口にバスタオルを巻こう。

 

 

寒さで水道の蛇口が凍りついて洗濯ができない。

そんな場面に遭遇した方もいらっしゃるはず。


水道管の凍結対策で厚生労働省からも情報が出ています。

水道管の凍結防止対策等の啓発の徹底について


東北や北海道だと
当然に凍結対策をしているでしょうが、

大阪などの都市部では無防備な家庭が多い。


「そこまで寒くならないだろう」
「水道管が凍るところまではいかないだろう」

そう考えるのも無理のないことですが、
大阪では滅多なことでは水道管は凍結しないものの、
真冬の最も寒い時期は凍るときがあります。

 

 

 

バスタオルで凍結対策。


外に洗濯機を置いていれば、
水を取る蛇口も外にあるんですが、

冬は蛇口にバスタオルを巻いています


以前、何も対策をせず、
蛇口をむき出しのままにしておいたところ、
水が出ずに洗濯ができなかったんです。

蛇口の中に滞留していた水が凍ったんですね。


ぬるま湯を蛇口にかけると氷が溶けますが、
熱湯をザッとかけると、蛇口が割れたりします。

冷えたグラスに急に熱い飲み物を注ぐと割れるように、
蛇口も一気に温めると割れちゃうんですね。


蛇口が割れると水が吹き出して、
凍り付いただけで済んだものが、
修理までしないといけなくなります。


蛇口にバスタオルを巻いてからは、
真冬でも水は凍らなくなりましたので、
一応の効果はあるようです。

 

 

 

凍結防止帯という便利グッズも。


水道管が凍らないための専用アイテムがあるようで、

『凍結防止帯』

というものがあります。

水道管にヒーターを巻きつけて、
電気で温める道具です。


電気毛布電気アンカーのようなものを
想像していただければ良いかと。

電気を使って水道管を温めるのですから、
これは効果テキメンでしょう。


私のオススメは、やはりバスタオル。

電気を使わず、タダでエコですからね。

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所