電車の遅延証明書をスマホから会社に送る

 

天候や事故で電車が遅れると、遅延証明書なり遅着証明書(名称は鉄道会社ごとに違う)が鉄道会社から発行されます。ダイヤに乱れが生じると、駅に人がたくさん集まって、遅延証明書を受け取るために列を作って待ったりします。

実物は小さい紙で、鉄道会社、路線名、遅れた時間が記載されており、これを会社に持っていくと遅刻扱いにならない。そのため、電車が遅れると遅延証明書を求めて駅の窓口にお客さんが来るんですね。


この遅延証明書ですが、紙だけでなく鉄道会社のWebにも掲載されていて、そこから証明書を取得することも可能です。

Webから取れるならば、デジタルデータのまま会社に送信すれば足りるのではないでしょうか。

遅延証明書をスマートフォンの画面に表示させて、スクリーンショット(表示されている画面を撮影すること)を撮り、それをメールやLINEなどで送信する。これならば窓口で証明書を受け取らなくて済みますし、駅員の負担も減りそうです。また、会社でも受け取る書類が減りますので、この点でも都合が良いです。

PCからWebサイトを開くと印刷するように案内がありますが、印刷せずに済ませる方が望ましいでしょう。スマートフォンからは直接に印刷できませんから、その場合はスクリーンショットを撮って、それをメールなりLINEで会社側の人に渡す処理もあっていいでしょう。会社用のメールアドレス(.co.jpドメインのもの)宛に送るのも1つの方法ですね。

他の方法としては、送信せずに、会社に到着した後、画面を見せるだけでも良いでしょう。遅延証明書は保存するほどの記録ではありませんから、スクリーンショットを保存して、画面をパッと見せて電車が遅延したと分かればそれで十分。スマートフォンでクーポンを画面に表示させて、お店の人にそれを見せて割引してもらう場面もありますが、そういう簡素な方法でも足りるでしょう。

「そんな簡単な方法でいいのか?」と思うところですが、会社側でも遅延情報を検索できますから、ウソの遅延証明書を出してもバレます。


電車の遅延というのは、仮に証明書で30分と書かれていても、電車に乗る人が実際に30分遅れるとは限りません。

運行ダイヤで、8時10分発と表示されている電車が、実際は8時40分発になれば、それは30分遅れです。しかし、都市部では電車は1日に何本も走っていますから、8時10分の段階で予定通りの電車が来なくても、さらに前の電車、7時40分発ぐらいの電車が8時10分に駅にやって来るのでしょうから、その電車に乗れば、電車に乗った本人は30分も遅れないという結果もあり得ます。


一時的な遅延ではなく、台風などで大幅に遅延すると、遅延証明書を求める人も増えますから、窓口で貰うだけでなく、スマートフォンの画面に表示する方法でも可能としたほうが便利でしょうね。

台風が来れば、電車が遅延する可能性は高いのですから、その日は遅延証明書なしでも遅刻扱いにしないのも1つの方法です。


遅延証明書を持ってきても遅刻になる。中にはそういう会社もあるでしょうね。証明書があれば遅刻にしてはいけないという法律はないですから、遅刻として扱われてしまう可能性はあります。

遅延証明書が何だか「遅刻の免罪符」みたいなものになっている感じがあって、自分に落ち度があって遅刻したわけではないならば、年に1回とか2回ぐらいなら誤差程度ではないかと私は思いますけれども。

遅刻すると人事評価でマイナスになる。そう考えて遅延証明書を持っていく方も少なくないでしょうが、無断で遅刻しているわけではないのですし、電車に乗っていれば年に数回は遅延があります。

電車が理由で遅刻したからといって解雇されるわけではないですし、少しグチグチ言われる程度でしょうから、あまり気にしすぎない方が良いのではないかと思います。

人からマイナス評価を受けるのを極端にビビる人が増えているように感じますが、マイナス以上にプラス評価を得ているならば、差し引きでプラスなのですから、「それでいいか」と考える良い意味での大雑把さがあってもいいでしょう。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所