失業手当が増える人も。平成29年8月1日から雇用保険の基本手当日額が変更。

 

f:id:ma95:20170704135640p:plain


雇用保険は通称、失業保険と言われる場合があり、雇用保険の基本手当のことを失業手当と言う場合もあります。

失業保険と失業手当、この名称の方が認知されているようで、「雇用保険の基本手当」と言うと、話している相手が何のことか分からないなんてこともあります。そのため、雇用保険という名称を使わず、あえて失業保険だとか失業手当という名称で相手に説明することもありますね。



失業手当の額は、失業前の収入がそのまま支給されるわけではなく、年齢や収入に応じて変わります。

例えば、失業時に45歳で、1日あたりの収入が15,000円だとすると、失業手当は1日あたり7,500円になります。

収入が多いほど失業手当の支給率は下がり(もっとも低いと50%)、逆に、収入が少ないと支給率が上がる(最大で80%)ようになっており、収入に応じて失業手当がリバランスする仕組みです。

失業手当は1日あたりで上限額が設定されていて、45歳の人だと7,775円になっていました。これが、平成29年8月1日以降は、上限額が8,205円になります。この金額は基本手当日額と言うもので、言い換えて「失業手当日額」と考えていただいて結構です。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000168716.pdf
雇用保険の基本手当日額が変更になります
~平成 29 年 8 月 1 日から~

この基本手当日額が変更になり、8月1日以降は少し増加します。

失業手当の1日あたりの上限額が増加するので、上限ピッタリで支給額が制限されていた方は、8月以降の失業手当が増える可能性があります。

この上限額は前年度の給与水準(毎月勤労統計調査に基づく)を参考にして決まり、平成28年度は給与が増えたので、それに連動して失業手当の上限額も増えたというわけです。


基本手当日額が増えると、「あぁ、失業手当が増えるんだな」と思っていただければいいですし、逆に基本手当日額が減れば、失業手当が減るのかなと思っていただければいいです。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所