book912(国民年金に加入している人も産休時に保険料を免除。平成31年4月から。)

 


病気や怪我などの理由で仕事を休んだ場合、休んだ日数の分だけ給与が減りますが、社会保険料は毎月の給与に連動して増減しないので、1日も休まなかった月と同じだけの保険料が給与明細に記載されます。

収入に連動するのが社会保険料なので、休んで給与が減ったら保険料も減るだろうと思うところですが、社会保険には1年に1回だけ保険料を決める手続きがあり、そこで決まった保険料が1年間キープされるようになっています。そのため、一時的に休んだとしても、社会保険料は変わらないのですね。


妊娠、出産となると、産休と育児休暇で休むかと思いますが、この時の社会保険料がどうなるのか。

会社経由で社会保険に加入している人(年金の2号被保険者)、つまり健康保険と厚生年金に加入している人だと、産前産後に休む期間、さらに育児休暇の期間にわたって社会保険料が免除されます。

この免除というのは、保険料を支払わないで済むという効果だけでなく、保険料を実際に支払ったものとして扱われるので、学生納付特例制度(加入期間に計上するが、追納しないと年金額には反映しない)やその他の納付猶予、免除などとは違いがあります。

仮に、毎月2万円の社会保険料を支払っていたとして、それが4ヶ月免除されたとすると、合計で8万円を貰ったのと同じ状態になるわけです(実際に手元にキャッシュが来るわけではないですが)。

産休時、育休時に社会保険料を免除する仕組みは、会社経由で社会保険に加入している人(2号被保険者)だけでしたが、平成31年4月以降は、国民年金のみに加入している人(年金の1号被保険者)も対象になります。

平成31年4月からは、国民年金の1号被保険者も、産休中の国民年金保険料が免除になります。ただし、産休時のみで育休時には対象外です。また、国民健康保険料は免除される予定が今のところ無いので、ここも対象外。

会社経由で社会保険に加入していると、健康保険料と厚生年金保険料(ここに国民年金の保険料も含まれている)が免除されるのですが、そうではない人だと産休時の国民年金保険料だけ免除されるのですね。

個人で社会保険に加入する場合と、法人経由で社会保険に加入する場合で、このように差があるのは不公平な感じがしますが、今のところはそういう仕組みです。

自営業の方だと国民年金と国民健康保険に加入しているでしょうが、法人を設立して、その法人経由で協会けんぽに加入すれば、会社員と同じように扱われます。社会保険料の調整も、個人だと難しいのですが、法人経由だと本人の給与を調整すれば、それに連動して社会保険料も変わりますので、こちらも個人よりも法人の方が対処しやすいです。つまり、自分の給与を減らせば社会保険料が減りますし、減らした分は法人にお金が残るというわけです。

社会保険には個人加入ではなく法人経由で加入するのがコツです。

 


2号被保険者で、会社経由で社会保険に加入している人が産休を取った場合。

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20140327-04.html
産前産後休業保険料免除制度 

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20140327-06.html
育児休業保険料免除制度

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/index.html
保険料の免除等(育児休業関係等)

 

1号被保険者の場合は、国民年金のみに加入しているので、平成31年4月時点では、まず産休中の保険料免除から始まります。育休時の免除や国民健康保険料の免除も早くやってほしいと思うところですが、会社に所属していない人の場合、本人の動静を把握しにくいため、会社員の人よりも免除制度の整備が遅れているのではないかと思います。


保険料が免除といっても、納付猶予や納付特例とは違って、期間だけが計上されるのではなく、保険料そのものを支払ったと同じ扱いになります。

免除されるのは、出産予定日の前月から、出産予定月の翌々月まで。


仮に、5月20日が出産予定日とすると、4月から7月までが免除になります。4ヶ月分なので、1ヶ月分を16,490円とすると、合計で65,960円が免除されるという計算です。

免除されても、実際に国民年金の保険料を支払ったものと扱われるので、65,960円を貰ったようなものと考えていいでしょう。

実施されるのは、平成31年4月なので、今は平成29年5月であるため、まだ2年ほど先です。




 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所