読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得をしても損はしない。プレミアムフライデーに便乗。

 

http://moneyzine.jp/article/detail/214751
プレ金、消費者の47.8%「いいと思うが関係ない」 店舗も多くが販促せず、「売上変わらず」90.9%


ケチを付けようと思えば、何なりとケチを付けられるプレミアムフライデーですが、タダで政府の販促施策に便乗できるのですから、乗らない手は無いでしょう。

プレミアムフライデーを関係ないと思ってしまうと、目の前に落ちているお金を無視するようなもので、これはもったいない。

消費者の立場ならば、プレミアムフライデー限定のセールやクーポンを探してみるとか。生産者側ならば、消費者の立場とは逆に、何をセールにするか、どんなクーポンを出すかを考える。

販促しなければ売上が変わらないのは当たり前。90%以上が売上が変わらないとのことですが、何もせずに月末金曜日に売上がポンと上がるわけがない。結果には原因がありますし、成果が発生するということは、そのための準備があるということ。

ボーッとしているだけではプレミアムフライデーの恩恵に浴することはできません。

2月に始まり、3月のプレミアムフライデーも終わり、今度は3回目、4月末のプレミアムフライデーがやってきます。ラッキーなことに、4月28日の金曜日の後は、祝日の土曜日、さらに日曜日と続きますので、何らかの販促施策を講じるにはちょうどいい日程です。

ただ便乗すればいいだけですから、何か損をすることはありません。得することはあっても、損することはない。何でもいい、こじつけでもいい。ノーリスクならば、やるっきゃない。そういう気持ちが大事です。



プレミアムフライデーの日だけ、女性限定でドリンクが無料になるクーポンを配る。もちろん、男性限定で何かを用意するのもアリ。

洋食店でウェルカムスープのサービスがある。来店客に対して、季節の野菜を使ってスープを1杯無料で出すなんてのも嬉しい。

お弁当屋で唐揚げ弁当を注文すると、唐揚げを1つ増量する。人気のお弁当トップ3に入り込む弁当ですので、月末の金曜日のお昼は唐揚げ弁当に決まりです。他には、カレーに唐揚げを付けるのも良いですね。金曜日はカレーという人もいますので、カレーを注文した人に唐揚げをプラスするわけです。

月末金曜日専用のユニフォームを着るなんてのも面白い。ホテルで働く人、鉄道会社、航空会社など、ユニフォームが決まっている仕事で、月末金曜日限定のユニフォームで接客するなんてのも面白い。

ちょっとした些細なものでいいので、イベントに便乗する。

政府が公式に用意してくれた販促施策なのですから、乗ったもの勝ちです。

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所