book885(マイナンバーカードを普及させる決め手はコレ)

 

2017年3月時点で、マイナンバーカードの普及率は8.4%とのことだが、放っておくだけでは普及しないのがこの手の道具。住基カードが普及しなかったのは、それを使う必要が無かったから。

「申請してね」と言葉でお願いするだけでは人は動かないので、何らかのインセンティブを与えないといけない。

マイナンバーカードを普及させる決め手になるとすれば、それはカードを保険証として使うようにする方法。保険証として使うようにすると、普及率は一気に上昇する。

http://www.growthwk.com/entry/2017/01/10/211253
book870(マイナンバーカードが保険証に。今の保険証は使えなくなるの?)

 

ほとんどの人にとっては、保険証を持たないわけにはいかないので、ほぼ全員がマイナンバーカードを持つようになる。マイナンバーカードを、あってもなくてもいいものではなく、必要なものにしてしまうというわけだ。

流れとしては、1年ほど猶予期間を設けて、今の保険証は無効化し、強制的に切り替える。マイナンバーカードを持っていないと、健康保険を利用できないようにする。



マイナンバーカードを保険証として使えると利便性は向上する。

  1. 退職時に保険証を返却する必要がなくなる。
  2. 社会保険に加入した段階で保険証を受け取らなくていい。
  3. 利用を開始するまでのタイムラグが少なくなる。


資格取得の手続きが済むと、すぐにマイナンバーカードを保険証として使える。今までだと、保険証が届くまでは病院代は全額負担で、後から払い戻しを受けていた。そういうことも少なくなる。

会社経由で健康保険への加入手続きをするので、事務担当の人によって手続きの早さに違いがあって、早いところと遅いところでバラつきがある。さらに、保険証が届いたら、会社から本人に手渡すまでのタイムラグもある。

今のように、資格取得手続きをして、保険証を本人までリレーしていく方法だと、健康保険を使えるようになるまで数日、場合によっては1週間とか、それ以上の時間がかかる。社会保険に加入したら、すぐに保険証を受け取りたい。それが加入者の望むことなので、利用開始までのタイムラグは小さければ小さいほどいい。

マイナンバーカードを保険証として使えるならば、必要な手続きは被保険者データの書き換えだけなので、資格取得の手続きが完了次第、保険証機能が有効化される。必要な時間としては、資格取得申請の手続き、健康保険協会での受付、ここまでなので、早ければ即日で保険証を使えるようになる。遅くとも翌日でしょう。



また、退職時の手続きもラクになります。資格喪失の手続きが終われば、保険証を返却する必要はなく、手続きが完了したら保険証機能は無効化され、次の手続きに移行できる。

会社の事務担当の人に保険証を渡して(事務担当の人が休みだったりすると、後日になり、ここでも時間がかかる)、そこから資格喪失手続きだの、保険証の送付だのとやっていくので、やはり数日必要だったりします。資格喪失で時間がかかると、転職する人には厄介で、次の職場で社会保険に加入する手続きが遅れます。

健康保険への加入であれ、資格喪失であれ、マイナンバーカードを使うと、サーバーのデータを書き換えて手続きが終わりますので、手続きがラクに、かつ早くなります。



さらに、手続きを電子申請で済ませれば、さらに処理は早くなるでしょう。

手続きが完了したら、「お持ちのマイナンバーカードが保険証として使えるようになりました」とメールなどで連絡してくれるとありがたい。こういう細かい連絡は人を安心させますので、思いのほか重要です。


このように、マイナンバーカードを保険証にすれば、すぐにカードの普及率は上がっていくでしょう。多少の反発はあるでしょうが、必要なものだと思わせるのがキモ。住基カードは必要なものではなかったので普及しなかったのですから、生活に必要な保険証をマイナンバーカードに融合させて、使わざるを得ない状況にする。

 

http://www.growthwk.com/entry/2017/02/03/131405
book878(スマホがマイナンバーカード用のICカードリーダーになる)

スマホ本体にはNFC機能が搭載されていて、ICカードリーダーとしても使えるようになっていきます。今は対応機種が限られているものの、iPhone7からはFelicaに対応したので、iPhoneでマイナンバーカードを読み取れるようになるのもそう遠くはないはずです。

iPhoneでマイナンバーカードを読み取り、電子証明書で本人確認をして、健康保険で必要な手続きを済ませる。そして、手続きの結果が反映されるのは24時間以内。

限度額適用認定証の発行手続きも、自分のスマホとマイナンバーカードで可能になれば、認定証の発行も当日、遅くとも翌日には完了するでしょう。今のように紙の認定証を発行せず、マイナンバーカードを病院に持って行って認証すると、限度額適用認定を受けたかどうかが分かる。


健康保険関連でマイナンバーカードを利用できれば、素晴らしい便利さを享受できるでしょうね。



電子化する便利さはマイナンバーカードだけでなく、お店での支払いでも感じられます。例えば、屋台のたこ焼き屋でクレジットカード決済ができる。りんご飴を買って支払いはカードで。さらに、金魚すくいの料金までカード払い。

「そんな小規模な取引でカードを使えるの?」と思うところですが、これができてしまうのが今の技術なのです。

決済手段が増えると、購買機会も増えます。現金だけしか使えないよりは、クレジットカードが使えた方がいいですし、電子マネー払いも可能だとさらに嬉しい。もっと進んだところでは、ビットコインで支払いができるお店まであるようです。

カードで支払えば、後払いができ、実際の支払いは約1ヶ月後。さらに、ポイントまで付くのがカードの良いところで、使うだけで丸儲けです。



カード決済を導入するとなると、「毎月、お金がかかるんじゃないの?」という疑問があります。クレジットカード決済を導入するには、大掛かりな機械を使って、高い維持費(毎月何十万円)を支払わないといけないと思いがちですが、 Square を利用すると月額手数料はなし。

支払い額の3.25%を手数料として支払うだけでカード決済を導入できるのですから、小規模でビジネスを営む方にはありがたいもの。



お祭りの屋台でカードが使えるのはもちろんですが、寒い時期にリアカーでラーメンを売りに来る夜鳴きそばの商売でもカード払いができます。さらに、焼き芋の移動販売でカードが使えるのもいいですね。

他には、商店街の八百屋さんや肉屋さんでカード決済を導入するにもSquareは適しています。今までは決済金額が小さくて、従来のカード決済サービスだとペイしなかったのですが、こういうマイクロペイメントに対応できるのも良いところです。

また、出前でカード決済というのもアリです。お寿司屋さんが寿司を配達したときにカードで決済できるとか、蕎麦の出前が届いたときにカード決済とか、「出前は現金払い」というイメージが固定していますから、カード決済を導入すれば、リピート注文も増えるでしょう。


あとは、外国人のお客さんが多いお土産屋にもカード決済があると助かりますね。京都や奈良には外国人の方が多くいらっしゃるでしょうし、そういう場所のお土産屋にも外国人客が訪問してきます。

外国に行くと、当然ながら自国通貨は使えませんから、両替が必要になります。ただ、両替は空港で済ませるのが主流で、町中で両替するのは難しい。となると、買い物をするときはなるべくカードで済ませる方がいいのです。現金を使いませんから、両替したお金が減らない。さらに、決済時に相手国通貨で決済をしてくれるので、お客さんにとっては実に便利な決済方法なのです。

 

入金が早いのも商売をする人には重要なポイントです。売上が立っても、代金の入金は翌月とか翌々月となると、商売としてはシンドイもの。支払いが遅いと商売によっては資金ショートする危険があり、売掛金をいかに早く回収できるかは関心が高いところです。

支払い能力が高い相手や信用力が高い相手ならば支払いが少し遅くても納得ですが、やはりなるべく早く代金は回収したいのが本音でしょう。 Square決済 ならば、最短で翌営業日には代金が口座に支払われるので安心です。



必要な道具は、iPhoneなどのスマホ、あとはカードを読み取るSquare Reader。この2つ。さらに、Square Readerの購入代金(4980円)もキャッシュバックされるため、導入するための金銭的コストはゼロです。



1.導入コストは実質ゼロ。
2.毎月の維持費は不要で、3.25%の手数料だけ。
3.代金の回収が早い。

これだけのメリットを享受してカード決済を導入できるのですから、もはや躊躇する理由はありませんね。

売上代金を早く回収できるカード決済はSquare

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所