読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは便利だ。マイナンバーカードを使ってスマホで本人認証。

 

マイナンバーカードの存在をそろそろ忘れ始めている人もいるのではないでしょうか。

個人番号を通知するカードが発送されたのが2015年の11月頃。さらに、マイナンバーカードを申請したのが12月頃。その後、マイナンバーカードを受け取ったのが今年の確か2016年5月だったと記憶しています。

去年、2015年の11月ごろに送られてきた通知カードを受け取って、その後のカードを発行する手続きはしていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。通知カードをマイナンバーカードと思っている人も中にはいそうですし、「あれ? この間届いたカードがマイナンバーカードでしょ?」と思っているなんてオチもありそうです。

通知カードとマイナンバーカードは別物ですから、身分証明書として使えるのは後者のマイナンバーカードです。通知カードは緑色の薄っぺらい紙で、あくまで個人番号を通知するだけのカードです。一方、マイナンバーカードは、キャッシュカードのように固いプラスティック製で、顔写真がプリントされ、ICチップも入っています。

 


スマホのICリーダー機能を使って、マイナンバーカードの情報を読み取り、本人認証をできるようにする仕組みを作るようですが、これは便利でしょうね。

まず、ICカードリーダーを使うのではなく、スマホをICカードリーダーとして使うという点が良いです。

ICカードリーダーは色々な種類が販売されていて、マイナンバーカードに対応した端末もあります。


SONY 非接触ICカードリーダーライター

↑これが専用のICカードリーダー

しかし、パソコンとの相性が良い場合とそうでない場合があり、Windowsでは使えるけれども、Macでは使えないとか。Windows7では使えるが、Windows10では使えないなど。微妙なリスクがあるのが市販のICカードリーダーです。

電子マネーの残高チェックやチャージ、e-taxでの手続きなど、利便性は確かに高いのですが、パソコンとICカードリーダーの相性問題は利用者にとって厄介な点です。

リーダーを購入したものの、自分のパソコンでは使えないとなると、もはやただのガラクタですし、僅か数千円の機器であっても、使えないとなると勿体無いものです。


しかし、スマホをICカードリーダーとして使えるならば、汎用性がありますし、専用ICカードリーダーを買ったものの使えなかったなどという残念な結果にはなりません。もしマイナンバーカードを自分のスマホで使えなかったとしても、今まで通りにスマホとしては使えますから、専用リーダーのようにガラクタ化することはありません。

iPhone7からは電子マネーにも対応し、クレジットカードをiPhone本体に入れ込んで使えるApple Payも始まりましたから、iPhoneをICカードリーダーとして使えるならば、これほど便利で都合の良いことはないでしょう。

ただ、iPhoneに搭載されるiOSと、Androidスマホに搭載されるAndroid OSでは仕組みが違いますし、ハードウェアであるスマホ本体でも仕様なり機能がそれぞれ違うので、マイナンバーカードを読み取れる機種とそうでない機種が出てきます。

 

以前にも書きましたが、マイナンバーカードには致命的な欠点があります。セキュリティは強固なのでしょうが、カードの券面に表示されている個人番号を他人に見られてはいけないという点が最大の欠点です。

運転免許証だと、身分証明書としてポンポンと人に手渡すのですが、マイナンバーカードだと気軽にポンと他人に手渡せません。カードの表面にハッキリと個人番号が印字されているので、それを見られてはいけないとなると、押入れや棚にカードを厳重に保管して、外には持ち出さないようにする人が出てきます。

積極的に活用するように案内しておきながら、券面に印字された個人番号を見られてはいけないとなると、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなもので、使いたくても使えないシロモノになります。

ポイントカードや社員証としても使えるようにと総務省はアピールしていますが、「個人番号を見られてはいけない」と注文を付けた時点で、もうそのような活用は無理です。

 

スマホがカードリーダーとして使えるようになれば、マイナンバーカードだけでなく、電子マネーの残高チェックやチャージ(この機能はすでに専用アプリで実現しています)、さらにe-taxでの認証作業もスマホ経由で可能になります。

パソコンで何らかの公的な手続をしているとき、認証プロセスだけをスマホに飛ばして、そこで認証を済ませ、パソコンに手続きを戻すのもいいですね。インターネットバンキングでは、ワンタイムパスワードをスマホアプリに飛ばす仕組みが導入されていますが、これと同じです。

 

ウェブサービスを使うときに、物理デバイス(USBメモリー)で認証するような仕組みがありますが、マイナンバーカードを物理デバイスとして使い、パスワードや暗証番号の変更ができるようにするのも良さそうです。

 

Googleアカウントのセキュリティを最大限に高めるUSBキー「FIDO U2F SECURITY KEY」 - ケータイ Watch Watch



サインインのためだけに専用のUSBを買うのは何だか勿体無い(この点は専用ICカードリーダーと同じ)ですし、初回は無料で発行されるマイナンバーカードを使えば、USBメモリーのようなものを買う必要はありません。読み取り機器はスマホ、物理デバイスはマイナンバーカード、組み合わせとしては理想的です。


マイナンバーカードを使って、本人認証をスマホ経由で済ませるならば、他人にカードを見せる必要はないですし、個人番号を見られることもないでしょう。

さらに、マイナンバーカードには電子証明書の機能もありますから、証明書の有効性や真偽チェックもスマホ経由でできれば、応用の幅も広がります。

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所