book824(無いなら作ってしまえシルバーウィーク)

 

毎年、6月は祝日が1日も無いので、祝日を恋しく思うところ。

 

5月に連休があって、年によっては9月にまた連休、いわゆるシルバーウィークがある年もありますが、今年、2016年はシルバーウィークはありません。


敬老の日は9月19日の月曜日なので、その前の土日と連続すれば、3連休になります。しかし、秋分の日は9月22日 木曜日なので休みは途切れます。


「月に2回も祝日があればいいだろう」と思うところですが、このようなタイミングで有給休暇を使えば、休暇の残日数がガサッと減りますし、休みが続いて良い気分になれます。



17日:土曜日
18日:日曜日
19日:敬老の日

ここまではこのままでもOKでしょう。


ここから、
20日:火曜日
21日:水曜日

この2日を有給休暇に変えて、

22日:秋分の日
秋分の日まで休みを連結していきます。


この時点で6連休になっていますね。



ここからさらに、
23日:金曜日
この日を有給休暇に変えて、


24日:土曜日
25日:日曜日
さらに週末まで休暇を延ばす。



そうすると、17日から25日まで休みになり、9連休になります。


ここまでバンバンと有給休暇を入れ込んで9連休で休む人はそう多くないでしょうが、公休日や祝日と数珠繋ぎにして有給休暇を使えば、休暇をドカンと消化できますし、飛び飛びで休むよりも満足感が高まります。


有給休暇を隙間に入れ込むのを「ブリッジ休暇」と呼ぶらしいですが、9月だけでなく、他の月にも応用できます。


5月のゴールデンウィーク中に発生する隙間日を有給休暇に変えて連休化するのもいいですし、8月のお盆休みを有給休暇で作るのもいいですね。あとは、年末年始に有給休暇を入れ込んで、連休にするのもアリです。


有給休暇を消化しつつ、シルバーウィークを作れる。一石二鳥ですね。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所