保険はムダだからこそ有益。

 

www.yomiuri.co.jp

 

 

保険料はムダ? そんなわけない。


保険の話になると、必ずといっていいほど「見直し」、「保険料を減らす」という話題が出てくる。確かに、保険料は少ない方がありがたいですし、自分が加入している保険をキチンと把握するために見直すのも良いでしょう。

ただ、「見直しありき」、「保険料削減ありき」では、後々に困ったことになりかねない。

保険というのは、加入者同士でオカネを出しあい、お互いにお互いを支えるのがその本質的な仕組みです。昔は、船で遠くまで遠征に行くために、渡航中のリスクを分散する目的で保険会社が存在しました。今では、船に関連する保険だけでなく、病気や怪我、ペットや自転車に対する保険まであって、多種多様です。

保険事故が発生しないと、さも「保険はムダだ」、「保険料がモッタイナイ」と感じてしまいがちですが、実際に保険事故が発生すると、「あぁ、保険に入っていて良かったと」安心するんですね。

 

 

保険は損をすることに意味がある。


保険に加入して、得をするということは、保険を使ったということ。つまり、病気や怪我をしたということになります。

確かに保険を使えば経済的には得かもしれないが、身体的には得じゃないんですね。

自分に悪いことが起こると思うならば保険に加入する。逆に、悪いことは起こらないと思えば保険には加入しません。自動車を運転する人は、事故に備えて保険に加入しますが、運転免許を持っていない人は自動車保険には加入しませんからね。

自動車の話を出したので、自動車を例にしますが、自動車保険を実際に使う場面に遭遇したいと思う人はどれぐらいいるのでしょうか。保険を実際に使うというのは、自分が運転している車が事故を起こして、人を怪我させたとか、何か物を壊したという状況のことです。

事故が起これば、保険金が支払われますので、経済的には助かりますけれども、事故の加害者になるわけですし、怪我をした相手のところにお詫びに行ったり、お見舞いに行ったりと、決してハッピーな状況にはなりません。

まして、保険に加入せずに自動車事故を起こせば、悲惨な状況になります。


保険は保険料を無駄にするところに意味があります。「お金を無駄にして何がいいんだ?」と思うところですが、お金を無駄にしたということは、保険事故が起こらず、保険金を受け取らなかったということ。損をしたということは、悪いことが起こらなかったのですから、むしろ喜ぶべき状況でしょう。

つまり、経済的には損をしたけれども、それ以外のトラブルなり負担は無いですよね。

お金はタップリと貰えたけれども、その代わりに重度障害者になってしまった。カラダが動かなければ、お金も満足に使えませんからね。大事なのはカラダであって、お金はその次です。

とはいえ、お金が大事ではないとは言っていないので誤解なく。


「保険を見直そう!」、「 保険料を節約しよう!」もちろん、そういう判断なり行動は間違っていないですし、時にはそのような対処が有効ではあります。

しかし、保険は損をすることに意味があるのであって、保険料を捨てることに意味があるわけです。

保険料を損して、「あぁ、良かった」と思えるようになったら、アナタは保険の達人です。

 

 

高額療養費制度の存在が大きい


健康保険制度の最大のウリ、看板メニュー、イチオシ商品は何だと聞かれれば、問答無用で「それは高額療養費制度です」と答えますね。

高額な医療費を支払ったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

普段、健康保険を使う場面というと、風邪で病院やクリニック、診療所に行ったときでしょう。最も身近な健康保険の使い方というと、風邪で病院に行ったときです。

「風邪なんかで健康保険を使っているから、いくら保険料を集めても足りないんだ」という意見もありますから、あまりホイホイと使わない方がいいのですけれども、「せっかく保険料を払っているんだから、使わなきゃ損だ」と思うのも無理からぬところで、なかなか悩ましい。

例えば、何らかの手術、盲腸とかガンの手術を受けて、しばらく入院すれば、医療費は数十万円、場合によっては数百万円になります。もし、治療代が300万円だと、その3割を負担するとなると、90万円です。

病院代で90万円となると、結構な金額ですが、ここで高額療養費制度が登場します。

普通に3割負担だと90万円なのですが、高額療養費制度を使うと、この負担が10万円ぐらいまで減ります。

300万円の治療費が10万円までディスカウントされるのですから、自己負担は約3.3%になります。30%の負担が3.3%負担まで減る。割引率で表現すれば、なんと96.7%割り引きです。

普通に健康保険を使っても70%割り引きなのですが、高額療養費制度を使うと、96.7%割り引きになる。

すごいでしょう? この高額療養費制度というものは。


これだけ優遇されていると、保険会社の医療保険を買う必要はないのです。

数年前までは、テレビCMで、「保険料は1日あたりたった139円!」と宣伝する医療保険がありましたよね。どこの保険会社の商品だったかは記憶がハッキリしませんが、医療保険のCMがジャンジャンと流れている時期があったのはよく覚えています。

1ヶ月単位で保険料を支払うのに、1日あたりで分割し、保険料の安さをアピールする。まぁ、よくある手ですよね。

まとめて表示するとあまり魅力的ではないけれども、細かく細分化して提示すると人の興味を惹きつける。


なぜ医療保険が売れないのか。いかに健康保険制度が優遇されているのか。その辺の話は、『生命保険のカラクリ』という本に書かれています。文庫本サイズなので、ページ数は多くなく、読みやすく書かれているので、保険の仕組みを理解するにはオススメです。

もう5年ほど前に読みましたので、ちょっと古いですが、内容は今でも古くなっていません。


生命保険のカラクリ (文春新書)

 

 

入院は長期化しにくい。


私は、19歳の時に髄膜炎で入院した経験があります。あの時が初めての入院経験で、今でもあの時に入院したきりですから、私の入院経験は1回だけです。

微熱があって、頭を振ると頭痛がする。私の症状はこんな感じでした。最初は風邪として扱われていたものの、症状が改善しないので、大きな病院に紹介状を書いてもらい、転院したところ髄膜炎と診断され、すぐに入院することになりました。

入院当日はもう意識が朦朧としていましたけれども、翌日には急回復。まだ輸液用の点滴が付いていたのですが、もうカラダはピンピンしていました。点滴のキャスターをコロコロ動かして歩くのも問題なかったですし、翌日にして「もう退院できるんじゃないか」と感じるほどでした。

私が退院したのは、入院から5日目。19歳でしたから、回復力も相当なもので、退院するまでの期間は短かったですね。入院当日はもう死にそうな気分だったのですけれども。


よほどの重病でないかぎり、なるべく早く退院させるのが病院では通例になっていて、ダラダラと入院させていると、診療報酬の点数稼ぎと思われて、病院にも指導が入るようですので、長期間入院するのはレアケースでしょう。

 

 

 

悪いことが起こるか。それとも、起こらないか。そのどちらかに賭けるかが保険。


病気や怪我をする方に賭けるならば、保険に入る。逆ならば、保険に入らない。自分が将来時点で死亡するだろうと考えれば、死亡保険に入ります。怪我や病気をするだろうと考えれば、医療保険に入る。

不思議なもので、自分に悪いことが起こると思って保険に入るのですから、何だか随分とネガティブな感じですよね。


保険は、見方を変えると、金融商品のオプション取り引きと同じです。

オプションを買う人はお客さんです。保険料を支払い、保険事故が起きれば保険金が支払われる。損失は保険料までで限定される。

一方、オプションを売る人は保険販売者、つまり保険会社です。オプション料である保険料をストックでお客さんから受け取れます。しかし、保険事故が起きた場合には、損失は無限大に膨らみます。だから地震保険では再保険を利用するんですね。保険会社同士で保険をかけあって、お互いに保険金を支払う場面に備える。

保険をオプションと捉える話は、橘玲 氏の本『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ 』に書かれています。こちらも、読みやすい本で、実際に役立つノウハウがタップリと書かれているので、読まれていない方は一読をオススメいたします。


お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ





保険料を無駄にすることに保険の価値がある。これを知れば、公的保険にプラスして「掛け捨ての保険にちょっと入っておけば良いんだな」と考えがまとまります。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所