読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コネ無しで就活すると、負ける。

 

news.livedoor.com

 

blogos.com

 

コネで就職すると、「不公平だ」とか、「ズルい」とか、「実力が無いヤツがコネを使うんだ」と、あまり周りからの評判がよろしくない。

 

私も学生の頃は、コネに対しては良い印象は持っていなかった。実力で選ばれるべきとか、能力で、と世間知らずでしたね。

 

もちろん、実力や能力が必要ないのではなく、それと同じぐらい「人とのつながり」が重要だと今なら分かります。

 

もう書いてしまいましたが、コネというのは言い換えると「人とのつながり」です。言い換えると、急に何だかイイものに思えてくるから不思議。

 

コネと表現すると汚いイメージだが、人とのつながりと表現すると、随分とクリーンなイメージを伝えられる。

 


人とのつながりだったら、程度の差はあれ、誰でも持っているはず。親戚、家族、友人、知人。大学生だったら、ゼミの先輩後輩、サークルの先輩後輩、リクルーター、ゼミの担当教員なんかもコネに含まれますよね。

 

リクルーターは自分の出身大学の人たちに接触してくるので、その大学に在籍する人にとっては有力なコネクションでしょう。場合によっては、リクルーターが人材を先行する権限を持っていて、例えば、そのまま一気に2次面接までワープするなんてこともできるんじゃないか。

 

選ぶ側の気持ちとしても、全くの他人から選ぶよりも、何度か会ったことがある人の方が親近感を持つ。リクルーターのように、出身大学が共通しているという点も親近感を持つきっかけになる。

 


ヒトとの繋がりを利用するのは、例えると上りのエスカレーターに乗るようなもの。逆に、コネを否定して、実力だけで就活すると、それは下りのエスカレーターを駆け上がるようなもの。

 

コネも実力のうちと言うけれども、人とのつながりは実力そのもの。TOEICとか宅建とかファイナンシャルプランナーとか、そういったものも否定はしませんけれども、細々とした資格よりも、人とのつながりを作っていった方が、豊かに、ラクに人生を生きられるでしょう。これを学生の時に理解している人が少ないので残念。

 

新卒で実力や能力といっても、主なアピールポイントは学歴しかない。サークルの副部長などと経歴を詐称する人もいるが、新卒を評価する主なポイントは学歴にならざるを得ない。

 

となると、他に何が決め手になるのかというと、人とのつながりでしょう。

 

コネは「人とのつながり」ですから、それを忌み嫌うのではなく、上手く利用して世渡りするのが学生にとって賢い生き方です。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所