読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成28年度の健康保険料が決まる。標準報酬月額テーブルも変更に。


毎年、年度が変わり4月になると色々と制度が変わりますが、健康保険も変更点があります。

保険料が変わるのは毎年のことですが、他にも変更点があります。

まずは平成28年度の健康保険料から。

標準報酬月額 簡易閲覧表(H28/4 - )


ちなみに前年度(平成27年度)はコチラ。

標準報酬月額 簡易閲覧表(H27/4 - )


都道府県ごとに保険料が違うので、増加したところもあれば、減ったところもあります。


今年度は他にも変更点があります。

標準報酬月額のテーブルが変わります。変更点は、等級が3つ追加されるところです。現状では1級から47級までですが、3つ追加され、50級までのテーブルになります。

健康保険組合の平成 28 年度予算の編成について
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T160104S0060.pdf

今現在の標準報酬月額の上限は、121万円です。変更後の上限は、139万円になります。標準報酬月額というのは、収入を基準に決まり、保険料を計算する際の数字になるもので、「標準報酬月額 × 保険料率 = 保険料」という計算で保険料の額を算出します。

今までは健康保険料の上限は、121,000円でしたが、制度が変わると、上限が139,000円になります(保険料率を10%と仮定した場合)。

社会保険料は収入が一定水準を超えると定額になるのが特徴です。健康保険料の上限が139,000円ですから、例えば月収が140万円ぐらいの人と月収が500万円の人を比べると、健康保険料はどちらも月額139,000円で同じになります。つまり、収入が一定の水準を超えてしまえば、所得に占める社会保険料の割合は下がってきます。


あと1つの変更点は、標準賞与額が増額される点です。

現在では540万円ですが、これが573万円になります。標準賞与額というのは、標準報酬月額と似たもので、賞与から社会保険料を集める際の計算基準となります。

標準賞与額を超えると、社会保険料が一定になりますので、この基準が540万円から573万円に引き上げられると、保険料率が10%の場合、保険料の上限が54万円から57.3万円に引き上がります。

標準報酬月額の等級が増える。標準賞与額の上限が引き上がる。どちらも社会保険料の支払額が多くなる制度変更です。


標準報酬月額の等級が増えるので、上記の「標準報酬月額 簡易閲覧表(H28/4 - )」は後日、手直しする予定です。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所