労働時間に対するインターバル規制が無かった労働基準法。

西日本高速で男性過労死 退勤8分後に出勤も


夜間工事の監督業務にも従事し、14年11月4日は午前7時半に出勤し、昼と夕の休憩を挟んで翌5日午前4時59分まで勤務。その後、午前5時7分に再び出勤した記録がある。同月は午前5、6時の退勤が4日あり、うち3日は次の出勤までの間隔が8分、26分、2時間18分だった。


始業から終業まで。この時間が1回の勤務となり、残業時間も1回あたりの勤務ごとに計算されるのが一般的です。

終業した後、次の業務を開始した時点で、勤務時間はゼロからカウントされます。そこから8時間を超えれば、割増賃金が必要な残業となるわけです。つまり、終業した時点で勤務時間のカウントは終わり、次の始業からまたカウントが始まります。

終業すれば勤務時間をゼロにリセットできるとなると、「じゃあ、一旦は終業して、その直後にまた始業とすれば、残業扱いにならないんじゃないか」と考える悪い人が出てきます。

上記の事例でも、4時59分に終業し、その8分後、5時7分に始業となっています。他の日にも、6時7分に終業後、8時25分から始業。5時22分に終業し、7時4分に始業している日があります。


終業時間から次の始業時間まで何時間空ければOKなのか。この点については過去にも何度か書いています。


book742(次の勤務まで何時間空けたらOKなの?)


2015/7/2【次の勤務まで何時間空けたら良いか。その答えが出た。】


第189回 国会に提出されている労働基準法改正案は2つある。(Fri. 20150731)


1つの勤務から次の勤務までの時間的間隔をどれほど要求するか。この点について労働基準法は対応しておらず、企業ごとや業界ごとの自主規制で対応してきました。例えば、タクシー運転手の場合は、夜間に勤務すると翌日は休みになるようにしているところがあり、2つの勤務が接近しないように時間を空けています。

第189回国会から提出されている法案で、第190回国会でも継続して審議されている中に、労働時間等の設定の改善に関する特別措置法の一部改正があります。

労働基準法等の一部を改正する法律案(衆議院)
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18902006.htm


この中に、

「事業主は、その雇用する労働者の健康の保持及び仕事と生活の調和が図られるよう、終業から次の始業までの間に少なくとも十一時間の休息のための時間を確保するように努めなければならない」

と書かれており、2つの勤務の間の時間的間隔は11時間以上必要になると分かります。

これは、いわゆるインターバル規制というもので、終わりから次の始まりまでの間隔を制限するものです。


もし、5時に終業したならば、最短でも、その11時間後、16時から次の勤務が開始されるようにスケジュールを組む必要があります。

上記の内容はまだ法案の段階であって、実際に施行されたものではないのですが、第186回国会から提出され続けている内容ですので、約2年ほど審議が続いています。

終業して、次の始業までは11時間以上空ける。これが今後の基準となっていくでしょう。「一旦終業して、その直後にまた始業とすれば、勤務時間がリセットされて残業扱いにならないんじゃないか」という悪知恵はもう通用しなくなります。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所