book778(お盆休みと有給休暇を抱き合わせ。)

大型連休と有給休暇を合体させる。


2015年も7月末まで来て、もうすぐお盆の時期がやって来ます。最近では、学校の夏休みが短縮されつつあるようで、9月に入ってから2学期が始まるのではなく、8月後半から2学期が始まる学校も増えています。夏休みの始まりが7月中頃と早まっているので、休みの長さそのものは変わっておらず、夏休みが短くなったわけではなさそうです。

学生は夏休み、社会人はお盆休みですが、お盆休みの前になると、あるキャンペーンが実施されます。

5月のゴールデンウィークの時も同様でしたが、大型連休の前になると、連休に有給休暇を組み込んで使うように厚生労働省から案内が来ます。


book761(ゴールデンウィークと有給休暇を抱き合わせて、一気に年休を消化しよう。)

今年、2015年の4月に、年次有給休暇取得促進リーフレットが厚生労働省のウェブサイトに掲載されていました(2015年7月時点でも閲覧できます)。平成26年11月のドキュメントなので、去年の年末年始に合わせて作成されたものでしょう。

「休暇取得に向けた環境づくりに取り組みましょう!」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/dl/yukyu_h26_year_02.pdf

有給休暇をチョロチョロと使うと、その都度、申請しなければならず、場合によっては時季を変更されることもありますので、なかなか消化が進まないこともあります。

一斉に連休を取得する時期に、有給休暇を抱き合わせると、ドカッと休暇を使えるので、サクサクと休暇が減ります。



2015年は4回、チャンスがある。


2015年は、休暇を一気に消化するチャンスが4回あり、5月のゴールデンウィーク、8月のお盆、9月の連休(いつのまにか「シルバーウィーク」という名称になった)、そして年末年始です。

お盆休みの時期は会社ごと、個人ごとに違いがありますので一概に言えませんが、8月15日前後が多いでしょう。2015年のカレンダーを見ると、8月は祝日が無いので、例えば、8月12日から19日まで休みにするとなると、15日の土曜日、16日の日曜日以外の日に有給休暇を入れ込むことが可能です。

お盆休みを設ける義務は企業にはありませんから、8月は無休で営業しても構いませんが、就業規則や慣習などにより、8月の中頃に休みを設定している会社は多々あります。

通常通りのお盆休みだと無給の休みですが、計画有給休暇でもってお盆休みをつくり上げると、有給でお盆休みを設定できます。企業が主導して、8月の中頃に有給休暇をスケジュールに組み込むには、就業規則に計画有給休暇に関するルールが必要です。

7月末の今から計画有給休暇を導入して運用するとなると時間もありませんが、お盆の時期に有給休暇を使えるとアナウンスすることならば可能でしょう。上記の例だと、8月12日から19日、土日を除くと5日ありますので、それを有給休暇に変えてしまうのもアリです。

普段から休暇をマメに使えている職場ならば、あえて連休時に休暇を使わなくても良いでしょうが、休暇の消化が進まない職場ならば連休とセットで休暇を使ってしまうのも一考です。

2015年は9月にも連休(9月19日から23日)がありますので、24日、25日を休暇にするというのも良いかもしれません。


山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所