残業時間の長さでは仕事の密度までは分からない。(Wed.20140625)



社会人の残業は平均47時間、残業が多い業界は?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1406/24/news138.html



 最も残業時間が多いのはどの業界か。就職や転職情報などを扱うVorkers(ボーカーズ)は6月24日、残業時間に関する調査リポートを発表した。

 同社のサービスに登録しているビジネスパーソンの残業時間を調査したところ、最も残業時間が多い業界は「コンサルティング・シンクタンク」で月83.5時間となり、2位は「広告代理店、PR、SP、デザイン」で月78.6時間、3位が「建築、土木、設計、設備工事」で月70.8時間となることが分かった。ボーカーズは「成果物を生み出す仕事が多く、締切までに一定以上の品質を達成するために残業時間が長くなってしまうのではないか」と推測している。
 
 一方で、上位30位に入らなかった業界には「自動車、自動車部品」、輸送機械」、「日用品、化粧品」、「化学、石油、ガラス、セラミック」、「電力、ガス、エネルギー」など、いわゆる“第二次産業”に属する業界が多かったという。「社歴が長く、人事制度や労働組合が確立されている企業が多いことから、残業時間に対しても組織的な歯止めがかかっているからだと考えられる」(ボーカーズ)。




業種と残業時間の関係を調査したリポートですが、このような情報が示されると、さも「残業時間が長い=ブラックな職場、キツイ職場」という印象を与えがちです。

確かに、仕事の時間が長い職場はシンドイことがありますし、仕事の内容もキツイこともあります。ただ、勤務時間の長さで仕事の内容まで推測してしまうと、実際の仕事とイメージしている仕事にズレが生じることもあります。

例えば、上記の調査では、コンサルティング・シンクタンクの業界が残業時間の長さでトップになっていますが、この結果だけを見ると、「この業界の仕事は大変なんだなぁ、、」と思ってしまいます。

しかし、コンサルティングやシンクタンクの仕事は、主に頭脳労働です。工場で手を動かして、1時間あたり180個とか220個の製品を作るような仕事とは違い、時間あたりで成果を判断するのが難しい仕事です。


ネスカフェのバリスタで作ったエスプレッソを飲みつつ、軽い談笑も交えながらミーティングを行う。頭脳系の職場ではそんな光景も見られるはず。

目をつむっている人を見て、「あぁ、今度の企画のことを考えているんだな」と思うのか、「おっ! アイツ居眠りしてやがるぜ」と思うのか。これは人によって異なります。

傍から見て、仕事をしているのかサボっているのか分からないけれども、全ての時間が勤務時間として計上されている。その結果、残業時間も長くなる。

コンサルティング、広告代理店、マスメディア、音楽業界、IT、金融など、仕事とそれ以外の活動の境目が曖昧になりがちで、休憩しているような雰囲気で仕事が行われることがあるし、仕事のような休憩(パワーランチが典型例)もあるかもしれません。


他にも、外食業界であるフードサービスも残業時間が長くなっていますが、これも判断が難しいところです。

飲食店は、ラッシュタイムは忙しくても、その時間帯が終わると、一気にお客さんはいなくなります。つまり、時間帯によって仕事の密度が変わります。

ラッシュタイム以外の時間をアイドルタイムと表現しますが、この時間帯の暇さは想像以上です。私は実際に飲食店で働いた経験がありますが、お客さんがドッとやってきて対応している時はてんてこ舞いになりますが、アイドルタイムにはいると、仕事がグッと楽になります。

もちろん、アイドルタイムといっても何もしないわけではなく、洗い物や掃除、減った材料を補充、仕込み作業、トイレ清掃など色々と仕事はあります。しかし、ラッシュタイムの仕事と比べれば、ラッシュタイムに100%のパワーを使っているとすると、アイドルタイムに使うパワーは30%ぐらいにダウンします。

ラッシュタイムの1時間であれ、アイドルタイムの1時間であれ、同じ1時間の勤務時間として扱われます。しかし、仕事の密度は倍以上に違います。


労働時間が長さで仕事の中身を推測してしまうと、仕事の密度について忘れてしまいがちです。もし、残業時間が長い職場であっても、1時間あたりの業務負荷が軽ければ、キツイ職場ではないでしょう。一方、定時でキチンと仕事が終わる職場であっても、1時間あたりの仕事の密度が高ければ、ラクな職場だとは言えないはずです。


仕事の分野や業種、それと労働時間を単純に結びつけても、仕事の密度が分からないため、上記の調査結果では、仕事ごとの実態を知るには断片的なものにならざるを得ないでしょう。





山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所