book717(時給1,000円超えの飲食店だって? コレ本当?)



人員不足で時給アップするお店。


 某飲食店では、人が足りず、時給をアップさせ、人材募集の条件で時給1,000円を提示しているお店もあるようです。2014年5月時点では、小売や飲食の業界では人が足りないとニュースで報道されることもありますが、1,000円まで時給を上げるというのは前代未聞です。

 私もチェーン展開する飲食店学生の頃に働いた経験がありますが、思っているイメージと実際に働いた経験ではずいぶんと違いがありました。

 開店準備のために、掃除をして、仕込みをして、お店を開ける。お客さんが来たら入り口まで迎えて、席に案内し、お冷を出す。注文を受けて、調理場に伝える。そして、料理ができたら、テーブルまで運ぶ。お客さんが帰るときは、お会計をして、送り出す。その後は、食器を下げて、洗う。これらはあくまで仕事の一部で、他にも多種多様な仕事が飲食店にはあります。

 お店によっては、人が足りず1人ですべての作業をこなすところもあるようですが、そういうお店だと人がいなくなり、時給1,000円ぐらいを提示して人を集めないといけなくなるのかもしれませんね。

 飲食店は時間帯によって繁閑の差があり、忙しい時はてんてこ舞いになるほどですが、アイドルタイムに入ると、お客さんはほぼゼロになります。お昼の11:30から13:00頃まではお客さんは多く、13:00から14:00まではパラパラという程度で、14:00から17:30まではお客さんはほとんどゼロ。そんな飲食店がほとんどではないでしょうか。

 だから、いわゆる「ワンオペ(1人で全ての作業を行う状態)」は、アイドルタイムに限れば、多くのお店であり得る状況だと思います。

 とはいえ、飲食店で時給が1,000円を超えるなんて、私の感覚からすると異常です。学生時代、飲食店の時給は750円とか高くても850円ぐらいだったので、1,000円という条件は聞いたことがないです。





「おとり求人」で人を集める会社。


 しかし、時給1,000円といっても、ずっと1,000円とは限りません。例えば、入社して6ヶ月間だけという条件かもしれないし、ほとぼりが冷めたら契約を更新して時給850円に変更することもあり得る(6ヶ月ごとに契約を更新するなど)。だから、単純に時給1,000円と言われても、実際に書面で雇用条件を見てみないと分かりません。

 私が大学生の頃、飲食店の仕事ではなかったですが、時給1,250円という仕事がありました。募集段階では1,250円だったのですが、2ヶ月目からは1,000円に変更されていました。その職場は、以前に務めていた(大学3年の頃)ことがあって、一度退職して戻った(大学4年の頃)形だったのですが、戻る段階では契約書を作成しておらず、口頭だけで時給1,250円だと説明を受けていて、契約上の時給は1,000円だったのかもしれません。以前に務めていたときは、契約書を作成していて、そのときの条件は時給1,000円でしたので、あくまで臨時募集という名目で1ヶ月だけ時給1,250円だったのかもしれません。

 契約初月だけ時給1,250円だとは説明を受けていなかったので、私はずっとそのままだと思っていたのですが、実際はそうではなかったですね。

 
 いわゆる「羊頭狗肉の募集条件」というのは他にもあって、募集条件で示されていた勤務時間や給与、勤務場所や週勤務日数などが実際に働いてみると違っていたりします。

 「土日勤務無し」と募集条件に書かれていたのに、実際は土曜日か日曜日のいずれかは出勤日になっているとか。「残業なし」と提示されていたのに、実際は毎日30分程度の残業があるとか。このように、募集条件と実際の勤務実態にズレがあることは珍しくありません。

 「時給800円~1,050円」と書かれていたのに、実際は全員が時給800円で働いているとか、よくありますよね。


 最近だと、ハローワークの求人情報が実態と違っていたというクレームが平成24年度には7,783件ありました。1日あたりに換算すると、毎日20件ほどのクレームがあるということです。

 ハローワークでの求人票と実際の労働条件が異なる場合の対策を強化します
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000040696.html

 

ハローワークでの求人票と実際の労働条件が異なる場合の対策を強化します |報道発表資料|厚生労働省ハローワークでの求人票と実際の労働条件が異なる場合の対策を強化します |報道発表資料|厚生労働省  


 賃金に関すること、就業時間、選考方法・応募書類、これらに関することが多いようです。

 賃金だと、例えば、基本給に残業代が含まれていたとか、営業手当に残業代が含まれていたという申し出がありそうですね。就業時間に関する内容だと、始業時間は10:00なのに、実際は9:30までに出勤するように求められているとか、終業のあとに掃除をさせられているという内容が想定できます。他には、応募書類を返却してくれないという相談もありそうです。

 いわゆる「おとり求人」で人を騙して集めても、そういう人はすぐに辞めてしまいますから、結局は高くつくのがオチです。





山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所