健康診断でストレスチェックが始まる?(Wed.20140507)

 

 1年に1回、会社では健康診断を実施しますが、その健康診断にストレスをチェックするプロセスが含まれるようになるかもしれません。 

 

「労働安全衛生法の一部を改正する法律案要綱」について、労働政策審議会に諮問を行いました |報道発表資料|厚生労働省「労働安全衛生法の一部を改正する法律案要綱」について、労働政策審議会に諮問を行いました |報道発表資料|厚生労働省





 ストレスチェックは、うつ病などの精神疾患の兆候を発見するために行われる診断テストです。労働安全衛生法の変更により、ストレスチェックが義務化される可能性があります。


メンタル検査を義務付け 従業員50人以上の事業所に
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1100H_R10C14A3EB1000/
 政府は11日、従業員50人以上の事業所に対して、メンタルヘルスの検査を義務付ける労働安全衛生法改正案を閣議決定した。年1回は従業員全員のストレスの状況をチェックする。医師の面接指導に基づいて業務を続けることが難しいと企業が判断したときは、配置の転換や勤務時間の短縮をしなければならない。今国会に提出し、成立を目指す。

 入社時に行う適性試験と似たような仕組みで、質問に自分で答えていくチェックテストになるのだろうと思います。

5分でできる職場のストレスチェック|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(自殺対策を含む)5分でできる職場のストレスチェック|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(自殺対策を含む)  

職業性ストレス簡易調査票
http://www.tmu-ph.ac/topics/pdf/questionnairePDF.pdf


 法改正を待たずとも、上記のウェブサイトでも実際にストレスチェックを行うことができます。「私の部署内で意見のくい違いがある」、「働きがいのある仕事だ」、「自分のペースで仕事ができる」などの項目に自分で「そうだ」、「まあそうだ」、「ややちがう」、「ちがう」の4つを選んで回答する方式になっています。

 この調査票を見ていると、適性試験とよく似ていると気づきます。適性試験もストレス簡易調査票と同じように、質問が並んでいて、「そうだ」や「いいえ」などを自分で選ぶのが特徴です。

 おそらくストレスチェックは年1回の定期健康診断の際に実施されるはずです。健康診断を受ける前に問診票を記入するかと思いますが、この問診票の中にストレスチェックの項目を含めれば健康診断とまとめてストレスチェックも済ませることができるでしょう。

 健康診断サービスを提供する業者側も、通常の定期健康診断のメニューに加えて、ストレスチェック対応の定期健康診断のメニューもラインナップさせてくるのではないかと思います。健康診断とセットでストレスチェックを行うのが自然ですからね。

 このストレスチェックの気になる点は、自己チェックという点です。自分で質問に当てはまるかどうかを判断するので、必ずしも正しく回答するとは限りません。もし、ストレスチェックによって何らかの問題があると判断されれば、休職を命じられたり、人事異動で配置転換されたりするかもしれませんから、あえて問題ないかのような解答を選ぶ可能性があります。

 そのため、ストレスチェックにどれだけの効果があるのかは未知数ですが、何もしないよりは良いでしょうから、チェックの義務化によってどれほどの効果が出るのかはもう少し時間が必要でしょう。







山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所