健康診断で健康なのにメタボ判定される(Wed.20140409)

 

健診基準値、厳しすぎる…健康な人でも上限超え

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140404-OYT1T50166.html

 

日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は4日、極めて健康な人でも性別や年齢によって健診の検査結果は大きな幅があり、同学会が定め、実際に使われている基準値は厳しすぎるとの研究結果をまとめた。


 同学会は2011年、人間ドックを受けた約150万人のうち、病気にかかっておらず、薬も飲んでいないなど、極めて健康な男女を約1万人選び、27項目の検査データを解析した。

 その結果、例えば最大血圧は、解析したデータの上限は男女とも147で、学会が定めた基準値129を上回っていた。一方、中性脂肪は女性の場合、基準値(30~149)の範囲に収まっていたが、男性は上限が大幅に上回り、男女差が見られた。

 また、悪玉と言われるLDLコレステロールや、糖尿病の診断に使われるヘモグロビンA1c(エーワンシー)は、男女とも上限値が基準値を上回った。いずれの項目も、男性では年齢による差はなかったが、女性は年齢が上がるにつれて数値も高くなった。

 

 

4月は、新年度が始まる時期であり、健康診断の季節でもあります。

 

会社では年に1回の定期健康診断が義務付けられていて、毎年一定の時期になると健康診断を受けるかと思います。

 

私も健康診断を受けたことがありますが、確かに判定基準は厳しかったですね。BMIという数値があって、体重が重いと、すぐに正常な範囲を超えてしまい、「要自己管理」と判定された経験があります。

 

BMI(肥満度)チェックBMI(肥満度)チェック  

 

BMIは身長と体重のバランスが適正かどうかを判定する数値で、身長に比して体重が重いと、BMIの数値も上昇し、メタボ予備軍と判定されることがあります。

 

体重は、単純に身長との兼ね合いだけで評価するものではなく、骨量だとか骨密度、筋肉量などを総合的に勘案して妥当な水準かどうかが判断されます。そのため、身長との関連のみを算出するBMIを使ってしまうと、メタボ判定されてしまう人も多くなってしまいがちです。

 

健康診断の結果を軽視してしまうのはいけないのですが、良い結果でなかったとしても必ずしも深刻に捉えることもない場合もあります。

 

定期健康診断は決まった項目を検査するルーティンな健診ですので、どうしても気になる点があるならば、個別に病院に行くようにするべきでしょう。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所