入社受験料のユニークさが良かった。(Thu.20140306)

 

人材募集に応募する際に、2,525円の受験料を課して、本当に入社したい人を選別する試みを実行したドワンゴでしたが、東京労働局から介入され、ゴタゴタとしてきました。

 

以前にコラム book643(就活には受験料が必要です。) でも書きましたが、新卒を募集すると、「募集しているからとりあえず応募しておくか」という学生がたくさん集まり、採用のための作業が負担になる。

 

 

www.growthwk.com

 

 

だから、何らかの方法で事前にフィルタリングを実施し、入社したい人だけが応募してくるような仕掛けを作り、そういう人たちのためにリソースを集中させたい。そう考えて受験料を課したのですが、風変わりなことをするとやはり反発 book688(ドワンゴの就職受験料に行政指導。ユニークさは常に批判される。) があるようです。

 

 

www.growthwk.com

 

 

私は受験料を課すことには賛成です。金額は僅かですし、対象者も1都3県の出身者に限定し、集めたお金は公的な組織に寄付しているので、新卒学生の就職機会を減らすほどの影響はないでしょう。

 

ただ、労働局は、「ドワンゴだけがそういう仕組みを導入するならばさほど問題はないけれども、他の会社が続くとさすがに影響があるだろう」と考え、介入したのかもしれません。

 

もし、こういう仕組みが気に入らなければ、学生は他の会社に行くでしょうし、新卒の人が集まりにくい会社ならば無料で応募できるようにするはず。

 

特定の人気企業に新卒学生が集中して集まることを防ぎ、採用作業の負担を軽減して、さらに新卒学生が集まりにくい企業に学生を誘導する効果が期待できるのですから、一石三鳥です。

 

こういう新しい工夫をすぐに潰してしまうのではなく、ある程度の期間まで様子をみて、それから規制するか否かを決めても問題は無いでしょうね。

 

 

入試と同じじゃないの?

 

入試の受験料と今回の就職受験料を比較することもできます。ただ、入試では学生は買い手なので費用を負担すべきで、就職では学生は売り手なので費用を負担すべきではないと考え、今回の就職受験料は妥当ではないという判断もあります。

しかし、応募者を事前にふるい分けるという目的では、入試の受験料も就職受験料も同じです。

 

 

新卒採用に原因がある?

 

新卒を一括で採用するから応募者がワンサカと集まるのであって、原因となっている新卒を一括で採用することをヤメればいいんじゃないかという考えもあります。

確かに、そもそもの原因は新卒の一括採用にあるわけですから、それを取り除けば問題は解決しそうです。しかし、新卒の一括採用は、特定のカラーに染まっていない人材を集められるという点が魅力なのか、昔も今も続いています。

「他の会社が新卒採用でガサッと学生を採用してしまうから、学生を採用するためには、ウチの会社も同じようにやらないといけないんだ」そう考えている企業もあるでしょうね。

会社側の採用姿勢が変わることを待っていてもいつになるか分かりませんから、新卒採用を前提に受験料で応募者を振り分けるのが妥当な解決策なのかもしれません。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所