book675(年末調整の季節。還付金詐欺の季節。)




■2月、3月は、オカネが返ってくる時期。


2014年も2月になって、そろそろ年末調整の時期ですね。中には、自分で確定申告をする人もいるはず。

年末調整や確定申告というと、「手続きを済ませると、お金が返ってくる」というイメージがあります。確かに、源泉徴収で集めた税金から必要な税金を計算して、余分に払い過ぎた税金が年末調整などで返ってきます。

この時期に便乗して、医療費の還付金詐欺が出てきます。

医療費等の「還付金詐欺」にご注意ください!!(全国健康保険協会 大阪支部)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/osaka/cat080/sagi20140116

2月、3月はお金が返ってくる時期という心理を利用して、この時期は還付金詐欺の人たちが活動するようです。




■詐欺が成功しやすい時期を選んでいる。


おそらく、振り込め詐欺や還付金詐欺は、2月と3月に増えるのではないでしょうか。

やはり、年末調整と確定申告のシーズンなので、多くの人が返ってくるお金を気にしている時期だから、詐欺の人たちも成功確率が高そうなこの時期を狙っているのでしょうね。


電話で一方的に還付の連絡が来るのはヘンだし、手続きを急がせるのもヘン。

もし本当に還付金があったならば、文書で伝えてくるでしょうし、期限が迫ってもホッタラカシにされるはず。行政サービスはそんなに親切丁寧に還付について案内はしません。お金を取るときは一生懸命だけれども、返すときはノリ気じゃない。それが行政のサービスです。

皮肉ですが、詐欺と本物を見分ける基準は、熱心なのは詐欺、放置プレイしてくるのは本物という点です。逆になるのが望ましいのでしょうが、これが現実。


皆さん、熱心にお金が返ってくることを伝える人に注意しましょう。






山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所