book642(ダンダリン8話 - 研修は仕事じゃない自己啓発だ。)





■仕事の一部か。それとも仕事じゃないのか。



ダンダリン第8話(http://www.ntv.co.jp/dandarin/story/08.html)は、社員向けの研修がテーマだった。


研修というと、会議室に集まって座学で講習を受けたり、OJTでの調理研修、技術研修、接客研修などがある。

最近だと、TOEICのスコアアップ研修のようなものもあるんじゃないでしょうか。

他にも、販売士とか、簿記、証券外務員など、特定の資格を取得するための研修もあるでしょうね。


会社に所属していると、研修という名目のイベントが多かれ少なかれあるかと思いますが、労務管理で問題になるのは、研修は仕事なのかどうか。ここが考えどころです。


研修が仕事なのかどうかを分ける方法は、「参加が必須なのか」どうかで判断します。

もし、参加するかどうかは任意ならば、その研修は仕事ではない。

例えば、販売士とか、簿記、ファイナンシャルプランナー、証券外務員などの資格を取得するための講座を案内するパンフレットを配って、社員割引を使い、それらの講座を自分の好みに合わせて受講できるならば、それは業務のためというよりも自己啓発のためなので、業務ではないと判断できる。


ただ、表面的には任意であるとされつつも、実際は参加が必須のような研修もあるでしょう。

例えば、業務時間中に、会議室に集まって研修を受けるならば、これは業務に含まれるので、判断はしやすい。

しかし、出勤日以外の日に、研修だけを受ける日を設けて、研修を受けた時は、勤務時間とは別に研修の時間だけが独立して発生するので、「研修だから仕事じゃない」と判断する人や「いや、この研修は仕事だ」と判断する人が出てくる。


業務を中断して研修を実施するときには、勤務の延長線上で研修ができるので、そのまま労働時間として処理しやすい。しかし、独立した研修日を設けて研修を実施すると、純粋な研修なのか、それとも仕事の一部なのかで判断が分かれてしまう。

日にちを変えるだけでなく、場所を変えることで、研修なのか業務なのかどうかが曖昧になる場面もある。

職場で研修を実施すると、それは仕事の一部というイメージを抱きやすいけれども、職場外で研修を実施すると、仕事の場である職場から離れているので、そこで実施される研修が業務であるというイメージを抱きにくくなる。

例えば、会社の中にある会議室や実習室のような場所で研修を実施すれば、それは仕事っぽくなる。しかし、会社とは別の場所で、ナントカホールとかナントカ会館のような場所に集まり、研修を受けると、仕事という感じがしにくくなるんですね。


日にちや場所を変えて、さも研修が仕事ではないイメージを作り出すことができるので、研修が仕事なのかどうかが判断しにくくなるのです。


仕事であるかどうかを分かりにくくして、「表面的には任意参加。しかし、実際は参加が必須」こういう研修をしていると、トラブルの元になります。

ドラマで登場するアディオスの社長も、任意の研修であるようにカタチを整えて、実態は参加が必須の研修を実施していた。


もし、参加してもしなくてもいい研修ならば、そもそも実施する必要すらないはず。

必要だから研修を実施するのであって、ならば参加も必要なはずですから、「来ても来なくてもいいよ」などという研修を会社があえて実施するというのもヘンな感じがします。

業務に役立つと思われる書籍や講座を案内するパンフレットを配り、そのあとは社員さんの自由に判断していいというものもあるでしょうが、こういうのは研修ではなく「紹介」ですからね。


任意なのか、それとも参加は必須なのか。この点を基準に研修が業務なのかどうかを判断するのですけれども、任意か必須かという以前に、任意の研修など実施する意味があるのかどうか。会社はカルチャースクールではありませんから、参加してもしなくてもいいなんていうイベントを設けるとは考えにくいです。

やはり、研修というからには仕事に関連する内容になるはずですし、となれば、参加も当然に必要になる。これが普通だと私は思います。

「参加が必須なのか」どうかで研修が仕事かどうかを判断するのは確かにそうですけれども、「参加が必須じゃない会社経由の研修なんてあるの?」というのが素朴な疑問ですね。


ゆえに、会社経由で実施する研修は業務と考えるのが妥当です。





■200円が偉い。


「1個200円のりんごと200円、どちらが偉いか」

相葉から南三条へ、上記のような質問がドラマの中でありました。

「1個200円のりんごは常に200円のりんごであって、どこに行ってもそれは変わらない。だから、価値が変わりうる200円の現金よりも偉い」ドラマではこのように南三条は答えました。

ドラマではこの解答が正解だったらしいです。

私は、「りんごよりも現金のほうが流動性が高く、りんご以外のものとも交換できるので、200円の方が偉い」と考えたんですけどね。

どうですかね。この解答。

別解として、「だかが200円のモノを比較して、偉いかどうかを考える必要なんてない」という答えもありそうです。


こういう禅問答的な質問は答えが複数あるので、どれがベストかは決めにくいのですけれども、私は自分の解答が気に入っています。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所