book641(ダンダリン7話 - 寄り道すると通勤じゃなくなる。)




■帰り道にDVDを返却した。


ダンダリン7話(http://www.ntv.co.jp/dandarin/story/07.html)の内容は、労災と通勤災害でしたね。

働いていた社員が職場でむき出しの電線に接触し、感電して高所から落下し、頭を打ち、帰り道で階段から滑り落ちて死亡する。ずいぶんと悲惨な内容ですが、あくまでドラマですから、わかりやすい事例を示しているのだと思います。


安全衛生や労災隠しなど、論点はいくつかあるのですが、今回は通勤災害の部分に限定して書きましょう。

ドラマでは、英夫さんは帰り道に、妻がレンタルしていたDVDを返却するように頼まれ、帰宅途中に階段から転落したというストーリーです。

帰宅途中だから、通勤災害かと思うところですが、DVDを返却するために寄り道をしているので、寄り道した後は通勤ではなくなるんですね。


出勤時や帰宅時に寄り道する人は結構いますよね。

例えば、出勤前にコーヒーショップに寄ってエスプレッソを一杯飲むとか、スポーツクラブで汗を流してから出勤するとか、何らかの料金を支払うためにコンビニに寄るとか。

帰宅時だと、今回のドラマのようにレンタルショップに立ち寄ってDVDを返却するとか、スーパーの半額セールでお惣菜を買っていくとか、お弁当屋さんの売り切りセールで弁当を買って帰る、帰り道の駅近くにあるスポーツジムに行くとか。色々と寄り道する理由がありますよね。


通勤中にこういった寄り道をすると、通勤が中断され、移動中に怪我をしても通勤災害にならない場合があるのです。

ただ、どんな寄り道でもというわけではなく、寄り道の内容によっては、通勤状態に復帰出来る場合もありますので、一概に基準を示しにくいのがモドカシイところです。





■寄り道しても通勤になる場合もある。


「仕事が終わったら、まっすぐに家に帰れよ」と会社の人から言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。

これは正しいアドバイスなんですね。

まっすぐに帰らずに寄り道されると、もし移動中にコケて骨折した場合には通勤災害にならなくなり、労災ではなく健康保険を使わないといけなくなったりします。

だから、まっすぐに帰るように言うのですね。


とはいえ、「ついでに何かをする」というのは便利ですから、わざわざ一度自宅に帰ってから出かけるよりも、帰宅ついでにDVDを返したり、買い物をしたいと思うのは自然なことです。

じゃあ、寄り道をしても通勤災害になるのはどんな場合なのか。

東京労働局のウェブサイト(http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/rousai_hoken/tuukin.html#8)を参考にすると、寄り道は「移動の経路を逸脱し、又は中断した場合」に該当します。


ただし、「逸脱又は中断が日常生活上必要な行為であって、厚生労働省令で定めるやむを得ない事由により行うための最小限度のもの」ならば、通勤を中断しても通勤災害になる可能性があるのですね。

とはいえ、日常生活上必要な行為であるかどうか、やむを得ない事由により行うための最小限度のものかどうかの判断は微妙です。

自動販売機やキオスクで新聞や飲み物を買うぐらいならば大丈夫そうな気がしますが、駅ナカの弁当屋さんで半額セールの弁当を買うのはOKなのかどうか。これは日用品の購入に準ずるような行為で、大丈夫そうにも思えます。

けれども、自宅で夕食が準備されているにもかかわらず、お腹がペコペコなので半額の弁当を買い食いしちゃったなんて場面ならどうなるのでしょうね。あえて買う必要もない弁当を買っているので余計な行為とも思えるし、「いや、ハラペコなんだから、やむを得ない事由に該当するだろう」という考えもあり得る。

独身の人が弁当を帰宅途中に買う場合と既婚で自宅に夕食が用意されている人が弁当を買う場合で違いがあるのかどうか。

DVDの返却だって、単に返却ボックスにポイっとDVDを入れるだけだから、「ささいな行為」と言うこともできますからね。


本屋に寄って本を買ったらどうなるのか。ケータイが故障したので、ケータイショップに寄ったらどうなるか。帰宅途中に通勤で使っているバイクが故障したので、バイクショップに寄っていたらどうなるのか。

考えだすと、あれはどうなのか、これはどうなのかと、キリがありませんね。


「こういう場合には通勤災害になる。こういう場合には通勤災害にならない」と事前に基準を示すのはちょっと難しくて、個々のケースごとに判断するものですから、通勤の中断と復帰は頭を使うポイントですね。





山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所