book536(計画経済ならぬ計画就職)







■高校生の就職と大学生の就職。



高校生が就職する場合と大学生が就職する場合では環境が少し違う。

高校から就職した人はおそらく大学生の身分で就職することはないので知らないかもしれないけれども、高校生の就職と大学生の就職では取り組み方が変わるのです。

取り組み方が変わるといっても、特にノウハウ的なものではなく、就職するまでの流れが異なるということ。

私は高校の段階で就職することなく大学へ行きましたが、同級生の大半は就職していました。工業高校出身でしたので、卒業生の90%程度が就職を選択し、残りの人が専門学校や短期大学、四年生大学に進学する環境でした。大学進学となると、卒業生が300人として、おそらく30人もいなかったと記憶しています。確か、7人とか5人だったはず。さらには、その大半が推薦入試を選択するので、一般入試で受験するとなるともはや1人ぐらいの数になります。

高校でも大学でも、学校に企業から「求人票」というものが届けられます。ハローワークの求人票を想定していただければいいかと思います。会社名、住所、電話番号、採用の条件(勤務時間や休日、賃金、社会保険の有無など)が記載され、さらに募集人数が1人とか2人というように書かれています。

工業高校や商業高校だと、学生の数を上回るほどの求人が集まるようで(今現在はどうなのでしょうか。10年ほど前の記憶ですので、今は違うかもしれない)、300人のところに430人分の求人が集まるようなこともあり得ます。

高校生は自分で情報を外部から探すのではなく、進路指導室を利用したり、さらに指導室に併設されている資料室で情報を収集して希望する企業を選択するようになっています。自分自身で学校外から企業を探し出し就職する人もいましたが、2人か4人だったように思います。ほとんどの人は学校経由の求人の中から企業を選択し、面接や筆記試験を受けるようになっていました。つまり、集まった求人の中から就職するので、集まったものが全てと思ってしまうはずです。

大学生だと、就職課が大学内にあるでしょうが、全く利用せずに就職する人もいて、むしろ利用する方が珍しいぐらいでした。就職情報サイトに登録しメール経由で情報が集まるようにし、さらに、企業のウェブサイト経由で説明会に申し込んだり日程を知ったりするのですね。


大雑把に分ければ、「高校は学校経由で、大学生は自主的に」と言えるでしょうか。








■就職率99%も可能なシステム。



高校生の就職で特殊な点は他にもあって、私の高校では成績順に求人を割り当てる仕組みになっていました。テストの成績がいい人から選択することができ、最も成績の良い人が最初に求人を選択することができます。

例えば、430人分の求人があり、学生数300人だとすると、初めの人は430人分の求人から好きに選べるわけです。そのあとは、先に選ばれた求人データが抜けますので、100人が選んだ後は残りは330人分の求人になるという流れです。それゆえ、成績がよろしくないと、残り物を選択しなければいけなくなり、後になればなるほどメニューが少なくなるわけです。

求人に学生を割り当てるのが高校生の就職の最も特徴となる点で、計画経済ならぬ計画就職と表現できる仕組みです。


求人票では、募集人数、採用予定数が決まっている。高校側は、求人票の人数分だけ生徒を割り当てる。その結果、企業は必要なだけの人数を受け付けて採用し、高校側は人数分だけ確実に生徒を就職させることができる。生徒も、企業と高校がすり合せをしてくれるおかげで就職しやすい。

「大学生とは違い、高校から就職する人はのほほんとしています。エントリーシートがどうのとか、適性試験がどうとか、説明会が、4次面接がなどという話題は高校生の頃は無かったように記憶しています。90年代の終わり頃ですから、その頃はポケベルや携帯電話、PHSはあったものの、通話とメールぐらいの利用範囲で、今のようにウェブサイトを自在に閲覧できるような環境でもなかったので、自分で情報を収集するには制限があったかもしれません。とはいえ、高校の割り当て就職の仕組みは今も残っているのではないでしょうか。いわゆる「三方良し」のシステムで、学校は就職率の高い学校というイメージを作れるし、生徒は確実に就職できる。さらに、企業は確実に人材を供給してもらえる。皆が嬉しい仕組みなのですね。

大学全入と同じで、就職するだけならば、全員分の席があるのですね。それゆえ、高卒の就職率は100%とか98%などの高水準になる傾向がある。高校のウェブサイトで卒業生の進路情報を掲載しているページをみれば、就職率が書かれているのではないでしょうか。ほとんどの高校では90%を超えているのではと予想します。


よほど変なヤツでないかぎり採用は確実です。中には不合格になる人もいましたが、ちょっと高望みした人か特殊な職場だったためであって、人数としては40人に1人ぐらいだった要に思います。


ただ、ミスマッチはあるようで、高卒の離職者が多いのは自分で選択できる余地が少ないからという理由もあるように思います。

離職者多い 【中卒 > 高卒 > 大卒】 離職者少ない


適性を考える余裕がない状況で、ある程度の選択はできるものの求人を割り当てられて就職するため、実際に仕事をしてみて「ちょっと合わないかも、、」と感じるのかもしれない。もちろん、これは短大や大学から就職した人にもあり得ることですけれども。






山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所