book501(土日の休日を木金へ移動したら。)






■休日の曜日移動。



休日というと、土曜日と日曜日、もしくは日曜日のみと考える人は多い。週5日勤務ならば、土日が休みで、週6日勤務ならば日曜日になると思う。

土曜日と日曜日が休日になっている傾向が強いためか、土曜日と日曜日が休日のための日と認識されているのではないでしょうか。それゆえ、土日以外に休日があると違和感を感じる人もいるかもしれない。

もし今現在、土日が休日として設定されているとして、土日の休日を木金に移動したらどうなるか。つまり、土曜日と日曜日の休日を、木曜日と金曜日の休日に変えるわけです。

そこで、休日の曜日を変更した後に、土曜日もしくは日曜日に仕事をすれば、それは休日労働になるでしょうか。ならないでしょうか。

どちらでしょう。






■曜日指定はない。



結論を先に言えば、休日労働にはならない。

「土日は休日だ、だから土曜日か日曜日に仕事をすれば、それは休日労働だ」と固定的に考えると、休日労働になりそうです。しかし、休日の曜日は移動できるのです。

今回の場合、法定休日と法定外休日が他の曜日にそのままシフトしたと考えてください。つまり、土日の休日(どちらかが法定休日で、どちらかが法定外休日です)が木金の休日に切り替わったのですから、休日労働の判定も木金に切り替わります。

もし、法定休日の曜日を何らかの方法で固定していないならば、土曜日か日曜日に仕事をしても法定休日労働には該当しない。

ただ、中には法定休日の曜日を固定している企業もあって、日曜日を法定休日として決めているところもあります。その場合は、おそらく休日の曜日自体を変動させないでしょうし、土曜日を法定休日にしたりもしないはずです。


法的には、あえて法定休日の曜日を固定する必要はなく、週1日の条件を満たすことで足ります。

「土日が休日だ」と思い込まなければ、特に問題が起こるようなことはありません。休日の曜日は変動可能であることを知っておくとモヤッとした状況にはならないでしょうね。


山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所