2010/11/26【代休で休日が消えるの?】



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  メールマガジン 本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com?ml=20101208_20101024
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2010/11/26号 no.239)━



ファブリーズはニオイの発生源を解消しないのではないか、と以前から思っていた。

ファブリーズとは消臭のためのスプレータイプ薬剤で、マットや布団、下駄箱の匂いが気になる時にシュッと吹きかけることで、匂いを解消するもの。確かに便利ではあるが、以前から気になっていたことがあって、「ファブリーズは臭いものにフタをしているのではないか?」と思ってきた(現在も思っている)。下駄箱が臭いのは、おそらく不潔な靴が収納されているからであって、本来ならばその靴を取り除いて洗浄する方が先決だ。

ただ、簡単には洗浄できないソファーや車のシートの場合はシュッ!だけでやむを得ないが、洗えるならば洗いたいと私は感じる。いい匂いでゴマカシているのではなく、元から断つのがイイ。





◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■代休で休日が消えるの?
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






■振替休日では休日は消えないけど、代休なら消える?



稀にですが、「休日を振り替えれば、後日に休日を設定する必要がある。しかし、代休ならば、休日割増の手当は必要だけれども、後日に休日を設定する必要まではない」という情報が発せられることがあります。インターネットの書き込みだったか、何らかの文字媒体だったかは思い出せないのですが、どこかで読んだ記憶があります。

振替休日は、勤務日と法定休日をスワップする仕組みなので、後日に休日を設定する必要があるのですね。つまり、法定休日を移動させるのが振替休日というわけです。

一方、代休は、休みの日(法定休日)に勤務して、後日に代わりの休みの日を設定する仕組み、、、のはずです。例えば、小学校や中学校の運動会は、だいたい日曜日に開催されることが多いはずですが、日曜日の代わりに月曜日が代休として設定されることがありますよね。つまり、休みの日に仕事や運動会があり休みを取れなかったので、後日に代わりに休みの日を設定するというのが代休のはずです。

ところが、労務管理では「代休ならば、休日割増の手当は必要だけれども、後日に休日を設定する必要まではない」と判断されたりするわけです。

なぜでしょうか。


代休には休日を消してしまうような効果があるのでしょうか。それとも、休日割増手当を支給すれば休日はなくなってしまうのでしょうか。







■どういう理屈なのか。



まず結論から言えば、振替休日であろうと代休であろうと、法定休日そのものは消えません。

休日を振り替えれば後日に休日を設定する必要がありますし、また、代休も休日勤務の翌日以後に休日を設定する必要があります。

振替休日と代休には決定的な違いというものはなく、「"事前"に振り替えれば振替休日で、割増手当は不要」、「"事後"に振り替えれば代休で、割増手当が必要」という違いでしかないのです。そのため、どの時点までが「事前」で、どの時点からは「事後」なのかが微妙なこともあります。会社側は振替休日と主張しているけれども、社員側は代休と主張したりするわけです。


「代休の場合、割増賃金を支払えば、休日は必ずしも与えなくてもよい」という判断がどこから出てきたのかは分かりませんが、この判断が間違いであるのは確かです。どういう理由で休日を設定しなくても良くなるのかを説明している人がいませんし、説明しようとしても無理があるはずです。「なぜ代休に法定休日を消滅させる効果があるのか」を説明するのは容易ではありません。


ただ、"法定外休日の代休"ならば、「代休の場合、割増賃金を支払えば、休日は必ずしも与えなくてもよい」と判断できる可能性はあります。

通常、代休というと法定休日を対象にした処理になりますが、法定外休日を対象にした処理もできないことはありません。法的には「法定外休日の代休」についてはルールがありませんが、会社ごとに自主的に「法定外休日の代休」を設けることはできるでしょう。

法定外休日は法的に決まった休日ではなく、就業規則や雇用契約による会社と社員間での取り決めですから、当事者でコントロールすることは可能です。

例えば、「法定外休日に出勤したときは、休日割増手当を支給する。しかし、代わりの休日は設けない」というルールがあり得るし、「法定外休日に出勤したときは、休日割増手当は支給しない。なお、後日に代わりの休日は設ける」というルールもあり得る。また、当事者間の合意で法定外休日をなくすこともできる。

しかし、法定休日の場合は、上記のように会社と社員間でコントロールできません。

もちろん、法定休日の日程を変える(振替や代休で可能)ことは可能です。しかし、休日そのものを無くすことや休日割増手当を無くすことまではできないのですね。





■法定休日は消えないし消せない。



労働基準法35条では、「毎週少くとも1回の休日を与えなければならない」のですから、この点は変えようがありません。

ただ、35条は「法定休日」について書かれたルールですから、法定外の休日の扱いについては触れられていません。そのため、"法定外の休日"を休日割増手当で買取る(手当を支給し、後日の休日は無しという意味)ことは不可能ではないし、会社と社員間の合意で法定外の休日を勤務日に変えることもできるでしょう。

しかし、35条の休日は会社と社員間で合意があっても変更できないのですね。もちろん、振替休日や代休によって法定休日の"予定(週1回)"を変えることは可能です。ただ、消滅させることまではできません。

振替休日であれ、代休であれ、それが法定休日を対象にしているならば、法定休日はどこかで入れ込むことになる。振り替えたら休日はどこかで設定するが、代休ならば休日がなくなることがあるというヘンテコな処理にはならない。

何らかの方法で法定休日が消え去ることなどあり得ないのです。














今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所