book274(天候のために遅刻したら普通の遅刻?)




■やむをえない遅刻だけれども、、。


先日も大きな台風がやって来きて、今の日本は台風季節ですね(去年は台風が来なかったので、18号のときは去年分の台風も一気に来たような気分でした)。

例えば、台風がやって来ると交通機関も十分に機能しなくなり、定刻通りに移動することができなくなったりします。そのため、定刻通りに出勤できずに遅刻してしまう人もいるはずですね。


では、台風で遅刻したとしたら、この遅刻は通常の遅刻と同じように扱うのでしょうか。

それとも、やむを得ない理由だから、特殊な遅刻(了承された遅刻?)にするとか、もしくは遅刻にはしないという対応をするのでしょうか。

どちらでしょうか。






■どの対応でもOK。


結論から言うと、前者でも後者でもどちらでも構いません。

通常の遅刻と同じようにしても良いですし、天災による遅刻だから通常とは違う対応にするのも良いです。

例えば、遅刻しても通常出勤として扱ってしまうとか、欠勤しても特別の休暇(無給でも有給でもどちらでも良い)にしてしまうとか、色々と対応方法は有り得ます。


もちろん、通常通りに遅刻にしても構わないです。天災だから遅刻にしてはいけないというわけではなく、会社がどう決めているのかがキモですね。

ちなみに、上記の遅刻を人事評価にどう影響させるかも会社次第です。


ほとんどの会社では、天災が理由だから遅刻や欠勤にしないのでしょうね。



 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所